Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 09月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

Ads


 2019年9月22日(日) 00:12 JST

7.3 48IMPACT 全対戦カード決定

  • 2010年6月24日(木) 16:43 JST
  • 閲覧件数
    15,692

【DEEP 48 IMPACT追加カード】

上山龍紀(U-FILE CAMP)
パーキー(CMA KOREA)

初代DEEPミドル級王者の上山龍紀がDREAMにも出場したパーキーと対戦

【DEEP 48 IMPACT全対戦カード】

■DEEPフェザー級タイトルマッチ
大塚隆史(AACC)
松本晃市郎(今田道場)

上山龍紀(U-FILE CAMP)
パーキー(CMA KOREA)

誠悟(フリー)
田澤和久(THUG LIFE香和)

岩瀬茂俊(T-BLOOD)
キム・ドンヒョン(CMA KOREA)

石川英司(GRABAKA)
クォン・アソル(CMA KOREA)

堀友彦(フリー)
中村"アイアン"浩士(東京イエローマンズ)

長倉立尚(吉田道場)
加藤友弥(BONDS)

伊藤有起(ALLIANCE)
川崎泰裕(R-BLOOD)

原田ヨシキ(マッハ道場)
小林聖人(総合格闘技津田沼道場)

近藤定男(BLUE DOG GYM)
梅田恒介(R―BLOOD)

植田豊(GRABAKA)
アン・ジヨン(CMA KOREA)

片岡誠人(リバーサルジム)
キルヨンボック(韓国/AM FORCE)

【選手紹介】

上山龍紀 所属:U-FILE CAMP町田 出身:東京
身長・体重:181cm・76kg 生年月日:1976年4月17日
初代DEEPミドル級チャンピオン

高校時代はレスリング部に在籍。卒業後、プロレスリングUWFインターナショナルに入門し、96年にデビュー。その後、同団体の後継団体キングダムに所属していたが、U-FILE CAMPに移籍し、RINGSを中心に戦う。DEEPには、01年1月の旗揚げ戦から参戦しており、02年6月のDEEP5で行われたDEEP初代ミドル級王者決定1DAYトーナメントでは、一日3試合を戦い抜き、見事初代DEEPミドル級チャンピオンに輝く。続くDEEP6有明コロシアム大会では、BTTのギルソン・フェレイラ から勝利するなど、DEEPの創世記を引っ張ってきた存在であった。そして03年3月のDEEP8では、修斗のカリスマ桜井"マッハ"速人と戦い、格闘技界に衝撃を与えた一戦として今も語り継がれている。03年9月には、現役修斗王者の須田匡昇相手に初防衛に成功するが、04年12月の2度目の防衛戦で桜井隆多にTKO負けで王座から陥落。その後、PRIDE武士道でション・シャークに判定で敗れ、HERO'S、K-1MAXに参戦するが、怪我にも泣かされ結果を出せなかった。このまま引退かと思われたが、昨年4月のDEEP41で約2年振りの復帰戦を行い、見事勝利。10月のDEEP44では元ウェルター級王者長谷川秀彦相手にブランクを感じさせない動きを見せるなど健在振りをアピールした。そして本調子に近くなってきた今年4月のDEEP47では和術慧舟會の顔として一時代を築いた門馬秀貴と生き残りをかけて戦ったが、お互い一歩も引かないままドローに終わった。今大会ではDREAMで活躍したパーキーが相手だけにチャンスと言って良いだろう。

パーキー 本名:バック・ウォンシク 所属:CMA KOREA 出身:韓国
身長・体重:180cm・70kg 生年月日:1986年12月16日

テコンドーでは3段の腕前を持ち、釜山市大会で3回優勝した。その後、柔術を学び、04年8月に行われたチェ・ムベ主催のザ・グラップ-75kg級で準優勝、05年12月には韓国ブラジル柔術連合会全国選手権-74kg級優勝、07年には、韓国ブラジル柔術連合会GI部門青帯-74kg級優勝、第9回韓国ブラジル柔術連合会全国選手権試合紫帯無制限級準優勝、09年2月にはモ-トONE杯韓国ブラジル柔術オプントーナメントNOGI部門-77kg級優勝など数々の寝技の大会で実績を残している。総合格闘技では06年に10月のMARSでデビュ-。07年8月のM-1チャレンジ韓国大会では、スーパーファイトに出場し、オランダのパジル・ド・ウィント選手に勝利した。そして昨年4月のDEEP41ではPRIDE武士道にも参戦経験があり、打撃の得意な松下直揮を相手に打撃で押しまくり、最後は鮮烈なKOで勝利した。試合後マイクを持ち、前DEEPライト級王者ハン・スーファンより強いと発言し、韓国ライト級最強である事をアピールした。続く7月に行われたDEEP名古屋大会では、メインに出場し、坪井淳浩を強烈なハイキックでドクターストップに追い込み、8月のDEEP43では五十里祐一を相手にチョークで一本勝ちを収め、10月にはついにDREAMに初参戦した。結果は弘中邦佳相手に目の負傷によりセコンドがタオルを投げTKO負けとなったが、序盤から攻め続け、後一歩の所まで追い込んでいただけに悔しい敗戦となった。そして今大会が約9ヶ月振りの復帰戦、圧倒的な強さを見せ、狙うは王者菊野克紀のベルトのみだ。

【DEEP 48 IMPACT大会概要】

●開催名:DEEP 48 IMPACT
●日 時:2010年7月3日(土) OPEN/15:00 START/15:30
●会 場:ディファ有明
●チケット料金:VIP15,000 ステージ席10,000 SRS10,000 指定A8,000 指定B6,000 ☆当日500UP
●チケット販売所:DEEP事務局(052-339-0303)、e+(http://eplus.jp/battle/)、ローソンチケット(Lコード:37651)、チケットぴあ(0570-02-9999 Pコード:594-750)、ディファ有明(03-5500-3731)、後楽園ホール(03-5800-9999)、書泉ブックマート(03-3294-0011)、チケット&トラベルT-1(03-5275-2778) チケット絶賛発売中
 

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.deep2001.com/trackback.php/20100624164305826