Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Ads


 2019年7月21日(日) 09:56 JST

8.27 DEEP 49 IMPACT後楽園ホール大会

  • 2010年8月10日(火) 13:43 JST
  • 閲覧件数
    13,565

ZST王者藤原に引き分けた和田が竜光が本戦に出場

【DEEP 49 IMPACT追加対戦カード】
和田竜光(吉田道場)
小林聖人(総合格闘技津田沼道場)
7月のZSTで王者藤原と引き分けた和田竜光が喧嘩番町高谷の弟分と激突

【発表済み対戦カード】

DEEPバンタム級タイトルマッチ
今成正和(Team-ROKEN)
宮下トモヤ(パワーオブドリーム)

DEEPミドル級タイトルマッチ
福田力(GRABAKA)
桜井隆多(R-BOOD)

金原弘光(UKR)
RYO(ランズエンド・ZERO-ONE MAX)

藤井陸平(和術慧舟會RJW)
飛鷺輝(X-FORCE)

悠太(ALLIANCE)
渡辺良知(AACC)

岸本泰昭(総合格闘技道場コブラ会)
伊藤有起(ALLIANCE)

赤尾セイジ(NEX)
小森亮介(吉田道場)

津田勝憲(総合格闘技津田沼道場)
ブレント・フィリヤ(CMA KOREA/大邱異種格闘技アカデミー)

宮川博孝(ALLIANCE)
寒天健士(GSB)

沼尻健(木口道場)
小林博幸(T-BLOOD)

フューチャーファイト
菅原洸明(ALLIANCE)
菅原ブンタ和政(マッハ道場)

【DEEP 49 IMPACT大会概要】
●2010年8月27日(金)  OPEN/17:30  START/18:00 後楽園ホール
●チケット料金:VIP15,000  SRS10,000 指定A8,000  指定B6,000 ☆当日500UP
●チケット販売所:DEEP事務局(052-339-0303)、e+(http://eplus.jp/battle/)、チケットぴあ(0570-02-9999 Pコード:594-750)、ローソンチケット(Lコード:38806)、後楽園ホール(03-5800-9999)、書泉ブックマート(03-3294-0011)、チケット&トラベルT-1(03-5275-2778)

【選手紹介】

和田竜光 所属:吉田道場  出身:山梨県
身長・体重:171cm・60kg 生年月日:1981年11月16日
小さい頃から、K-1やPRIDEが好きで、父が元々空手道場を開いており、小学1年から空手を始める。中学から柔道をやりたかったが、部活が無くバスケ に熱中するが、高校で念願の柔道部に入る。卒業後、総合格闘技やりたいと思い、高校の柔道の先生の紹介で吉田道場に入門した。先輩の中村和や小見川との激 しい練習で鍛えられ07年9月にはDEEPフューチャーキングトーナメント関東予選で優勝するなど日々成長を遂げて行った。しかし08年1月のフュー チャーキングトーナメント全国大会の一回戦で赤尾セイジに僅差の判定で敗れ、3月のクラブDEEP東京では宮下トモヤにKO負けを喫した。続く6月のクラ ブDEEP名古屋では赤尾セイジと再戦するが、判定負け、12月には今成正和の持つバンタム級のベルトへの挑戦件のかかったDEEP PROTECT杯バンタム級トーナメントでも一回戦でまたしても赤尾セイジと一年で3度目の対戦となるが、判定で敗れ3戦3敗と苦しい結果となった。打撃 も寝技も強く、バランスの取れたファイターで毎回、何かのきっかけで才能が開花する日が来るだろうと感じる試合内容である。09年に入り、6月の DEEP42のフューチャーファイトで土田達也から一本取り、11月にはZSTに初参戦し、同僚の小森亮介とタッグを組み、杉田一朗を右フックでKO、今 年5月のクラブDEEP東京でも薩摩竜仁に勝利し、7月には再びZSTに参戦し、ZST王者の藤原敬典相手に時間切れドローに終わったが、判定があれば 勝っていた内容であったなど一気に頭角を表した。この試合が評価され、今大会で本戦初出場となった。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.deep2001.com/trackback.php/20100810134337472