Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Ads


 2019年7月21日(日) 09:28 JST

10.24 DEEP 50 IMPACT JCBホール大会

  • 2010年9月21日(火) 17:56 JST
  • 閲覧件数
    17,534

バンタム級の好カード実現、今成正和VSDJ.taiki

【追加対戦カード】
今成正和(Team-ROKEN)
DJ.taiki(フリー)

DREAMで所英男、K-1MAXで渡辺一久を破ったDJ.taikiが階級を下げ、バンタム級で敵無し状態の王者今成正和との激突。まさにバンタム級ドリームマッチが実現した。

【選手紹介】

今成正和
所属:Team-ROKEN 出身:神奈川県
身長・体重:165cm・63kg 生年月日:1976年2月10日

主なタイトル:初代DEEPバンタム級現チャンピオン、初代DEEPフェザー級チャンピオン
初代ケージレイジ世界フェザー級チャンピオン

UFO、キングダムで格闘技を習い、ZSTで活躍。03年7月のDEEP11に初参戦し、05年のPRIDE武士道では、ヨアキム・ハンセンを足関節であと一歩のところまで追い込んだ。同年10月と12月に行われた、初代DEEPフェザー級王者決定トーナメントでは準決勝でマイク・ブラウン、決勝で前田吉朗の足を破壊し、見事優勝。足関十段の異名で世界のファイターから恐れられる存在となった。06年10月のDEEP26では山崎剛を相手に初防衛に成功、07年2月にはイギリスのCAGE RAGEでロビー・オリヴィエを僅か27秒腕十字で下し、初代CAGE RAGE世界フェザー級王者となり、2冠王に輝く。その後キム・ジョンマン、阿部裕幸を破り、07年3月に行なわれたCAGE RAGEの初防衛戦では、五味を苦しめたジーン・シウバをヒールホールドで秒殺した。しかし5月のDEEP35で2度目の防衛戦で元DEEPライト級王者三島☆ド根性ノ助に判定負けを喫してしまい王座から転落、続く8月のDEEP37では、階級を下げ、新設されたバンタム級のベルトをかけ、梅村寛と戦い、見事29秒で初代バンタム級王者となった。そして09年3月にはDREAMフェザー級GPに参戦、一回戦で山本篤を破るが、5月の2回戦では、ビビアーノ・フェルナンデスに判定負けを喫したが、8月には掘友彦相手に初防衛に成功、12月にはDEEP初の金網大会DEEP CAGE IMPACT 2009でURCC、PXCのバンタム級2冠王者のジャスティン・"ザ・ショッカー"・クルーズをフェイスロックで破るなど実力の差を見せ付けた。今年に入り、4月のDEEP47では、2月のDEEP47で中村"アイアン"浩士をKOし、勢いに乗る寺田功を腕十字で破り、8月のDEEP49では、宮下トモヤ相手に2度目の防衛に成功し、4連勝となるなどバンタム級で敵無し状態と言って良いだろう。しかし今大会ではフェザー級から階級を下げた危険な男、DJ.taikiとのドリームマッチが実現した。

DJ.taiki
所属:フリー 出身:千葉県
身長・体重:172cm・65kg 生年月日:1982年8月24日

中学時代は水泳、高校時代は野球部に在籍していた。OGUNI GYMで打撃を習い、ブラジルのシュートボクセ・アカデミーへ修行に行ったこともある。長いリーチから放たれる打撃が武器で今泉堅太郎、大沢ケンジなど修斗の世界ランカーに勝利し、06年3月のパンクラスで、前田吉朗からTKO勝利を奪うが、同年8月に行われた初代キングオブパンクラスフェザー級王者決定トーナメント決勝戦で前田吉朗と再戦するが僅差の判定負けを喫した。07年1月には、約3年ぶりにキックルールでも勝利し、その後今泉との再戦、ジャミール“ザ・サージェント"マスー戦と連勝を重ね、08年8月のDEEP37でDEEPに初参戦するが、キム・ジョンマン相手にドローに終わる。続く10月のDEEP38に連続参戦が決まったが、対戦相手の植松直哉が怪我で欠場となり、12月のDEEP39にスライドされたが、強烈なパウンドでKOし、09年2月の「新春春!DEEP&CMAファン感謝祭2009」でDREAMフェザー級グランプリへの出場権を賭け元同門の昇侍を破り、見事、グランプリへの切符を手にした。そして4月に行われたDREAMフェザー級グランプリ1回戦では、所英男に判定勝ちを収めたが、この試合で右眼窩底および眼窩壁を骨折し、2回戦に出場することが出来なかった。そして10月に行われたDREAMフェザー級GPリザーブマッチで宮田和幸と対戦するが、得意の打撃を封印され判定負け、今年3月にはK-1 MAXに初参戦し、渡辺一久に判定勝ちを収めたが、続く5月のK-1 MAXで久保優太に判定負け、7月のDREAM.15で石田光洋にも判定で破れ2連敗となった。そんな苦しい状態の中、今大会ではバンタム級に階級を下げ、現DEEP王者の今成正和と戦うビックチャンスが到来、勝ってDREAMの舞台に戻りたい所だ。

【発表済み対戦カード】

DEEPウェルター級タイトルマッチ
白井祐矢(TeamMAD)
岩瀬茂俊(T-BLOOD)

長南亮(TeamM.A.D)
チャ・ジョンファン(CMA KOREA/冠岳BJJ)

大塚隆史(AACC)
前田吉朗(パンクラス稲垣組)

昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)
長倉立尚(吉田道場)

野地竜太(TEAM GARO)
ジャイアント・バボ(infection.G.C)

門馬秀貴(Brightness MONMA DOJO)
山本宜久(フリー)

寺田功(ALLIANCE)
原田ヨシキ(マッハ道場)

【出場予定選手】
菊田早苗(GRABAKA)、菊野克紀(ALIANCE)、その他

【DEEP 50 IMPACT大会概要】
●開催名:DEEP 50 IMPACT ~10年目の奇跡~
●日時:2010年10月24日(日) 開場14:00 開始15:00
●会場:JCBホール 東京都文京区後楽園1-3-61
●チケット料金:VIP席(1列・記念グッズ付き)25,000(売り切れ) SRS席(2列、3列・記念グッズ付き)15,000、アリーナA席10,000、アリーナB席8,000、パノラマ席(第1バルコニー)100,00、S席(第2バルコニー)8,000、A席(第3バルコニー)6,000(売り切れ)☆当日500UP※当日は別途ドリンク代(500)がかかります。
チケット絶賛発売中
●チケット販売所:DEEP事務局(052-339-0303)、DEEPホームページ(http://www.deep2001.com)、e+(http://eplus.jp/battle/)、チケットぴあ(0570-02-9999 Pコード:594-750)、ローソンチケット(Lコード:31401)、後楽園ホール(03-5800-9999)、書泉ブックマート(03-3294-0011)、チケット&トラベルT-1(03-5275-2778)
●主催・問い合わせ:DEEP事務局052-339-0303
●後援:FIGHTING TVサムライ
●協力:公武堂
●協賛:(株)イーストアンドウエスト、manto、HAYABUSA、フォレスト玩具、(株)SmyS、(株)ツツミワークス

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.deep2001.com/trackback.php/20100921175614515

[...] Topsy Search Advanced Search ホールjcb大会impactdeep 6 tweets tweet 6 tweets tweet 6 All 0 Influential 10.24 DEEP 50 IMPACT JCBホール大会 - DEEP2001deep2001.com/article.php/20100921175614515 – view page – cached [...] 続きを読む