Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Ads


 2019年7月23日(火) 07:20 JST

50IMPACT ミノワマン、柴田勝頼の参戦決定

  • 2010年10月 5日(火) 13:30 JST
  • 閲覧件数
    18,958

柴田勝頼が参戦、王者中西良行と激突
ミノワマンが8年振りにDEEPに緊急参戦!
元プロ野球選手古木克明がエキビジョンで小路晃と対戦

【追加対戦カード】

■ミノワマンが緊急参戦、140kgの韓国のムエタイ王者と対決
ミノワマン(フリー)
キム・チャンヒ(CMAKOREA UFジム)

■DREAM参戦が幻となった王者中西がDREAMで活躍している狂犬柴田と激突
中西良行(TeamMAD)
柴田勝頼(LAUGHTER7)

■スペシャルエキシビジョン プロデビュー直前に怪我をしてしまい、今回は師匠の小路とガチエキシビジョン
古木克明(スマッシュ)
小路晃(スマッシュ)


【発表済み対戦カード】

■DEEPライト級タイトルマッチ
菊野克紀(ALIANCE)
帯谷信弘(木口道場)

■DEEPウェルター級タイトルマッチ
白井祐矢(TeamMAD)
岩瀬茂俊(T-BLOOD)

中村"アイアン"浩士(東京イエローマンズ)
和田竜光(吉田道場)

寺田功(ALLIANCE)
中村優作(総合格闘技スタジオSTYLE)
※原田ヨシキが怪我により欠場となり、中村優作に変更。

今成正和(Team-ROKEN)
DJ.taiki(フリー)

長南亮(TeamM.A.D)
チャ・ジョンファン(CMA KOREA/冠岳BJJ)

大塚隆史(AACC)
前田吉朗(パンクラス稲垣組)

昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)
長倉立尚(吉田道場)

野地竜太(TEAM GARO)
長尾浩志「ジャイアント・バボ」(infection.G.C)

門馬秀貴(Brightness MONMA DOJO)
山本宜久(フリー)


【フューチャーファイト】

芦田崇宏(BRAVE)
深沢駿(パレストラ八王子)

佐々木由大(スマッシュ小路道場)
菅原ブンタ和政(マッハ道場)


【出場予定選手】

菊田早苗(GRABAKA)


【DEEP 50 IMPACT大会概要】

■開催名:DEEP 50 IMPACT ~10年目の奇跡~
■日時:2010年10月24日(日) 開場14:00 開始15:00
■会場:JCBホール 東京都文京区後楽園1-3-61
■チケット料金
・VIP席(1列・記念グッズ付き)25,000※売り切れ
・SRS席(2列、3列・記念グッズ付き)15,000※売り切れ
・アリーナA席10,000円
・アリーナB席8,000円※売り切れ
・パノラマ席(第1バルコニー)10,000円
・S席(第2バルコニー)8,000円※売り切れ
・A席(第3バルコニー)6,000 ※売り切れ
※当日500円UP
※当日は別途ドリンク代(500円)がかかります。
■チケット販売所:
・DEEP事務局(052-339-0303)、DEEPホームページ(http://www.deep2001.com)
・e+(http://eplus.jp/battle/)
・チケットぴあ(0570-02-9999 Pコード:594-750)、
・ローソンチケット(Lコード:31401)
・後楽園ホール(03-5800-9999)
・書泉ブックマート(03-3294-0011)
・チケット&トラベルT-1(03-5275-2778)
■主催・問い合わせ:DEEP事務局052-339-0303
■後援:FIGHTING TVサムライ
■協力:公武堂
■協賛:(株)イーストアンドウエスト、manto、HAYABUSA、フォレスト玩具、(株)SmyS、(株)ツツミワークス

【選手紹介】


■ミノワマン
所属:フリー 出身:岐阜県
身長・体重:175cm・88kg 生年月日:1976年1月12日

97年7月パンクラスでプロデビューを果たし、ネオブラッドトーナメントで3位となった。その後近藤有己、KEI山宮などの日本人選手を始め、ブライアン・ガサウェイ セーム・シュルト、ジェイソン・デルーシアなどの外国人選手とも戦い着実に実力を伸ばしていった。01年1月のDEEP旗揚げ戦では、ブラジリアン柔術王者のヒカルド・リボーリオに引き分け、5月のパンクラスでは佐々木有生に一本勝ち、9月には菊田早苗と壮絶な試合を披露するなど常軌を逸したファイトスタイルで人気、実力共にパンクラスを代表する選手に成長した。02年9月のDEEP6では、田村潔司と対戦し、03年4月にパンクラスを退団し、8月にはブラジルのブラジリアン・トップチームでトレーニングするなど武者修行を行い、12月からは主戦場をPRIDに移すと、ステファン・レコ、ギルバート・アイブル、ジャイアント・シルバ、キモ、フィル・バローニ、バタービーン、マイク・バートンなどといった強豪から勝利し、ヴァンダレイ・シウバ、ミルコ・クロコップとも対戦した。08年3月からは、DREAMに参戦、09年に行われたスーパーハルクトーナメントではボブ・サップ、チェ・ホンマン、ソクジュをすべて一本かKOで倒し、見事優勝を果たすなど驚異的な力を秘める“火事場のクソ力"はまさに超人だ。しかし先日行われたDREAMでは石井慧とのドリームマッチで判定で破れ、今大会が再出発の舞台となった。

■キム・チャンヒ
所属:CMAKOREA 亀尾異種格闘技ジム 出身:韓国
身長・体重:183cm・140kg 生年月日:1987年8月12日

先月行われたDREAM名古屋大会から数週間、約8年振りにDEEP参戦が決まったミノワマンに韓国から大きくて危険なファイターが襲い掛かる。140kgを超える巨体から繰る出される重いパンチは一発で相手をマットに沈める破壊力を持ち、スパーヘビー級とは思えない身軽な動きで観客を魅了する。元々幼いころからムエタイを始め、韓国無制限級ムエタイ国家代表に選ばれ、キックでもチャンピオンまで上り詰めた。最近は総合格闘技にも進出し、20戦以上の経験を持ち、世界的な格闘技団体のWAKOやM-1韓国大会にも出場するなど大きいな舞台の経験もあり、真正面から乱打戦をするのが持ち味である。対戦相手のミノワマンは昨年行われた、スーパーハルクトーナメントでボブ・サップ、チェ・ホンマンなどの大型ファイターを破り、優勝しているだけに、勝てば一気に知名度を上げるビックチャンスと言ってよいだろう。正直、試合の情報や映像も少なく、ミノワマンにとっては、戦略を立てにくい未知の強豪だけに戦いにくい相手である事は確かだ。果たして、日本初来日でどんなインパクトを残してくれるのだろうか。

■中西良行
所属:TeamMAD 出身:滋賀県
身長・体重:179cm・95kg 生年月日:1985年4月17日
初代DEEPライトヘビー級王者

全日本サンボ三連覇、全日本コンバットレスリング準優勝、コンバットレスリングオープン優勝など輝かしい戦績を残し、“和製ヒョードル"と呼ばれる。07年9月のクラブDEEP東京大会で総合デビューを果たし、中村護を僅か32秒でKO、続く08年1月のクラブDEEP東京大会でも加藤善之を56秒でKOするなど鮮烈の2連続KO勝ちを納め、2月のDEEP34では、井上俊介に勝利した。その後12月のグラチャンで加藤実をKOし、09年8月にはM-1チャレンジの日本代表としてオランダ大会に出場し、アキレス腱固めで一本勝ち。今年1月からは、元DEEPミドル級王者の長南亮、現DEEPウェルター級王者の白井祐矢のTeamMADに所属し、格闘家として新たな環境でスタートした。そして2月から開催されたDEEP初代ライトヘビー級王者決定トーナメントに参戦、一回戦では、対戦相手が怪我により2回も変更となったが、急遽参戦となった畑智昭を得意の関節技で下し、4月の準決勝では、優勝候補のクリスチャン・“トントン"・ムプンボを判定で破り、決勝では、野地竜太を終始圧倒し、見事初代ライトヘビー級王者となった。しかし今回のトーナメントの優勝者が5月から開催されるDREAMライトヘビー級GPの出場の権利が与えられる事となっていたが、トーナメントの中止により幻となった。そして今大会では、DREAMで活躍している柴田勝頼が相手だけに、KOか一本でキッチリ勝って夢の舞台に出場を決めたい所だ。

■柴田勝頼
所属:LAUGHTER7 出身:三重県
身長・体重:183cm・84kg 生年月日:1979年11月17日

高校時代は、レスリングで全国高校生グレコローマン選手権に出場し、98年に新日本プロレスに入門。99年10月の井上亘戦でプロレスラーとしてデビューを果たし、新・闘魂三銃士"として、人気、実力共に注目される選手に成長した。03年11月にはK-1に初挑戦し、天田ヒロミに敗れはしたものの、ダウンを奪うなど類い希な格闘センスを発揮、04年5月にはブラジルで開催されたJungle Fight 2で初挑戦となった総合格闘技ルールでアイスマンから肩固めで一本勝ちを収めるなど格闘技関係者を唸らせた。05年には、新日本プロレス退団し、以後、ビッグマウス、ビッグマウスラウドでプロレスを行うが06年にフリーとなり、船木誠勝氏指導の元、総合格闘家になるために基礎から学んだ。そして07年3月にHERO'Sに初参戦し、山本宜久を僅か9秒でKOする鮮烈のデビューを果たし、08年からDREAMを主戦場として戦うが、中々白星にこそ恵まれなかった。しかし同年10月のDEEP38では滑川康仁をKO寸前まで追い詰め、09年4月のDREAM8でミノワマンを破る大金星を上げた。9月からは、桜庭和志のLaughter7に移籍し、10月のDREAM12で新日本時代の先輩である石澤常光からTKO勝ちを収めたが12月のDynamite!!のDREAM対SRCの対抗戦で泉浩に判定負けを喫した。そして今年6月のDEEP CAGE IMPACT 2010 in OSAKAでRYOと対戦、1月に亡くなった最愛の父のためにも絶対に負けられない試合となったが、気持ちが空回りしてしまい完敗に終わった。この敗北から4ヶ月、今回の中西良行戦でもう一度亡き父のために勝利を誓う。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.deep2001.com/trackback.php/20101005093757152

[...] with Twitter Topsy Search Advanced Search ?頼柴田参戦决定 2 tweets tweet 2 tweets tweet 2 All 0 Influential 50IMPACT ミノワマン、柴田勝頼の参戦決定 - DEEP2001deep2001.com/article.php/20101005093757152 – view page – cached [...] 続きを読む