Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 06月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Ads


 2018年6月18日(月) 16:24 JST

P CAGE IMPACT 2011 in Nagoya公武堂ファイト

  • 2011年6月 3日(金) 14:50 JST
  • 閲覧件数
    9,556

「FIGHT FOR JAPAN」10th Anniversary
DEEP CAGE IMPACT 2011 in Nagoya公武堂ファイト
今年もDEEPは金網の大会を開催、名古屋から始動!
坪井淳浩が引退、現役最後の試合は阿部裕幸に

【決定対戦カード】

■坪井淳浩引退試合
坪井淳浩(GSB)
阿部裕幸(AACC)


【選手紹介】
■坪井 淳浩 所属:GSB 出身:愛知県
■身長・体重:167cm・70kg 生年月日:1972年12月20日
シュートボクシングではトップクラスの実績を誇り、98年10月の全日本キックでは、魔裟斗と対戦した。組技・寝技の練習にも積極的に取り組み、総合格闘家へ転身し、02年11月に旗揚げしたZSTに参戦した。ZSTでは、所英男やレミギウス・モリカビュチスなど戦い、04年1月のZST-GPでは ジェイソン・マックスウェルをTKOで破った。その後DEEPやMARSを主戦場に戦い、05年には、自身のジム「グラップリングシュートボクサーズ」を設立し、06年10月から行われたMARS MFCチャレンジトーナメントでは準優勝に輝き、Bodog Figh、Art of Warなど海外での試合にも積極的に挑んだ。ここ最近は梅村寛と共に名古屋の挌闘技を盛り上げるために、興行のプロモーターとしての活動が増え、試合では連敗が続いたが、今年2月のクラブDEEP名古屋で修斗を主戦場に戦ってきた風田陣をKOで下した。しかし、年齢的に肉体、精神面でも限界を感じ、今大会で引退する事を決意した。

【その他対戦カード】

井上俊介(吉田道場)
ルーカス谷(カルロストヨタBJJ)

木部亮(SPLASH)
宮川博孝(ALLIANCE)

松下直揮(MB3z)
植田豊(GRABAKA)

服部謙一(NEX)
佐藤宗幸(蒼天塾)

久保輝彦(禅道会)
大倉利明(GSB名古屋)

中島崇夫(TBJ)
加藤直之(スプラッシュ)

河村嘉展(NEX)
角田祐介(パラエストラ岐阜)

前口緑一色(NOS)
山中健也(クラブバーバリアン)

石田ガリット勝也(NEX)
元谷友貴(CBインパクト) その他

【大会概要】
●開催名:DEEP CAGE IMAPCT 2011 in NAGOYA 公武堂ファイト
●日 時:2011年7月10日(日) OPEN/14:00 START/15:00
●会 場:Zepp名古屋
●チケット料金:VIP12,000 SRS9,000 RS7,000
二階席6,000 スタンド5,000 ☆当日500UP
※ドリンク代別途500が必要です。
●チケット販売所:チケットぴあ(0570-02-9999 Pコード:594-750)、
ネックススポーツ(0568-72-8066)、公武堂(052-241-2511)、
DEEP事務局(052-339-0303/http://www.deep2001.com)、出場選手所属道場
チケット発売中
●公認:DEEP事務局(052-339-0303) ●協力:公武堂
●主催・問い合わせ:ネックススポーツ(0568-72-8066)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.deep2001.com/trackback.php/20110603145038356