Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 11月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Ads


 2017年11月25日(土) 20:32 JST

3.25 DEEP NAGOYA IMPACT公武堂ファイト

  • 2012年3月16日(金) 13:10 JST
  • 閲覧件数
    7,484

新設されるDEEPフライ級のベルトはDEEP史上初となる地方で決定トーナメントを開催!!

【決定対戦カード】

■DEEP初代フライ級王者決定トーナメント開幕戦(一回戦)5分3R

木部亮(スプラッシュ)
クレイジー・ヒル(バンゲリングベイ・スピリット)

宮川博孝(ALLIANCE)
加藤直之(スプラッシュ)

村田卓美(和術慧舟会)
寒天タケシ(GSB名古屋)

元谷友貴(CBインパクト)
崎村暁東(GSB名古屋)

■ワンマッチ

梶田高裕(GSB名古屋)
鍵山雄介(コブラ会)

服部謙一(ネックス)
別府セブン(コブラ会)

田中慎一郎(グラップリングシュートボクサーズ)
アローイ石橋 (スプラッシュ)

河合直紀(パラエストラ岐阜)
石田雄大(グラップリングシュートボクサーズ)

木之下喧壱(ネックス)
ピロシ(クラブバーバリアン)

久保田源三(スプラッシュ)
西勇樹(グラップリングシュートボクサーズ)

遠山倉基(NASCER DO SOL)
巽大祐(ネックス)
■オープニングファイト(DEEPKICKルール)

梅村真平(ネックス)
松本純幸(チームMKY)

兼定力(ネックス)
岩間義人(岩間商事)

【フライ級トーナメント参加選手紹介】

■木部亮(スプラッシュ) 1976年10月7日生まれ 169cm

柔術黒帯でグラップリングを最大の武器とするが、寺田功(アライアンス)に打撃で打ち勝つ戦いの幅の広さを持ち現在5連勝中。長いキャリアの中で念願の初タイトル奪取を目指す、今トーナメントの優勝本命選手。

■宮川博孝(ALLIANCE) 1979年6月17日生まれ 165cm

昨年10月、粕谷栄(木口道場)戦では立ったままKOさせるという戦慄の右フックを見せ、タイトル獲りに向けてその実力をアピール。ようやく日の目を見ることとなったDEEPフライ級タイトルの設立だけに、意地を掛けて優勝を目指す。

■村田卓美(和術慧舟会東京道場) 1980年6月11日生まれ 167cm

グラップリング大会で数々の優勝歴を持つ典型的なグラップラー。今回階級を落として初めての試合となるため、実績は大会一ながら未知の部分を秘めている。

■寒天タケシ(GSB名古屋) 1988年7月27日生まれ 169cm

中部を代表する若手ホープで昨年は4戦全勝と波に乗っている。柔軟でスピーディーな戦い方は観ている者を魅了するものがある。今大会の台風の目となるか。

■クレイジー・ヒル(バンゲリングベイ・スピリット) 1981年6月6日生まれ 167cm

柔道三段のバックボーンを持ちながらキックボクシングを得意とするストライカー。ラウェイという頭突きも有りの過激なルールでも構わず戦うハートの持ち主。

■崎村暁東(GSB名古屋) 1976年10月6日生まれ 167cm

シュートボクシングを主戦場とし、タイトルマッチも2度経験している実力者。総合格闘技の戦績はまだ2戦だが、技術的な打撃力と高度の身体能力は評判が高い。

■加藤直之(スプラッシュ) 1983年10月21日生まれ 167cm

パンチを最大の武器に持ち、ボクシング技術を用いた近距離の打ち合いを得意とする。打撃で自分の距離を見つけると無類の強さを発揮する。

■元谷友貴(CBインパクト) 1989年9月14日生まれ 170cm

格闘技歴は3年程度しかないが、鋭いパンチを武器にシュートボクシングルールで勝利を重ねる。総合ルールでもその鋭いパンチの連打で対戦相手を圧倒する、勢いを持った若きテクニシャン。

【大会概要】

●大会名:DEEP NAGOYA IMPACT 公武堂ファイト
●日時:2012年3月25日(日) 12:00開場12:30試合開始
●場所:アスナル金山
●チケット料金:RS 7,000円 A 5,000円 ※当日500円UP
●チケット販売所:公武堂 チケットぴあ ネックススポーツ 出場選手所属道場
●お問い合わせ:ネックススポーツ 0568-72-8066

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.deep2001.com/trackback.php/20120316131004857