國奥麒樹真 (くにおく きうま)
中学卒業と同時に『プロフェッショナルレスリング藤原組』へ入門。藤原組解散後、若干16歳で1993年5月のパンクラス設立に練習生として参加。念願のプロデビューは1996年1月。デビューにあわせてリングネームを将竜(マサタツ)から麒樹真(キウマ)に改名した。長いキャリアに裏打ちされた華麗な身のこなしや堅実な技術が、デビュー戦からわずか11戦目(1996年12月・VSフランク・シャムロック戦)でランキング1位(無差別級)の座に駆け上がらせた。2001年12月、初代ミドル級キング・オブ・パンクラシストのネイサン・マーコートを破り、第2代ミドル級王者の称号を獲得。また、2002年7月には初代ウェルター級キング・オブ・パンクラシストに輝き、パンクラス初2階級制覇を達成(現在はウェルター級王座のみ保持)。2ヶ月後の9月にはウェルター級王座の初防衛戦を行い、見事一本勝ちで挑戦者を退けた「今までの実績等を全て一回置いて、1から、初めから、また自分の実力を試していきたい」という強い希望のもと、2004年8月30日をもってパンクラスを退団。その後フリーの選手としてHEROSに参戦するが、実力が発揮できない状態が続く。そして心機一転、新たな気持ちでDEEPに参戦。目指すは、中尾受太郎のベルトとPRIDE武士道か。
■所属 フリー
■生年月日 1976/11/12
■出身地  
■身長・体重 169cm78kg
■タイトル パンクラス 第2代ミドル級王者
パンクラス 初代ウェルター級王者
 
■DEEP主戦績
 
 
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

(1/1)