[ <<BACK ][ TOP ][ NEXT>> ]

ヘクター・ロンバード (へくたー ろんばーと)
キューバ国内では柔道国内王者を7回獲得。00年シドニー五輪柔道に73kg級キューバ代表として選ばれる。オーストラリアに渡り総合とボクシングの練習を始め、04年9月にオーストラリアで行われたSpartan Reality Fight 11で総合デビュー。ミカエル・グルニンダイクと対戦し、勝利を収める。05年7月にDojo KO、11月にエクストリーム・ファイティング・チャンピオンシップ9に出場し、いずれも勝利を挙げている。そして06年2月に行なわれたエクストリーム・ファイティング・チャンピオンシップ10では、デビッド・フレンディンを秒殺で葬り、見事XFCライトヘビー級王者に就いている。さらに3月のXplosion13では寝技師・高瀬大樹を1RKOで破り、その後PRIDE武士道に2回参戦するが、判定負け。本来の実力を発揮できなかった。しかしベースとなっている柔道に加え、ボクシングテクニックもどん欲に吸収しており、圧倒的な身体能力を武器に今後の活躍が期待されている
■所属 吉田道場
■生年月日 1978年2月2日
■出身地 キューバ
■身長・体重 175cm83kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
 
 
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

ファビアノ・カポアニ (ふぁびあの かぽあに)
イタリア国籍で甘いマスクを持つ、ブラジリアントップチームの異色ファイター。レスリングが強く02年にはリオ・デ・ジャネイロチャンピオンに輝いた。柔術でもパンアメリカンチャンピオン、ワールドチャンピオン、ブラジリアンチャンピオンになるなど実力は確かである。ブラジリアントップチームの総帥マリオ・スペイヒーが信頼する選手の1人である。その実力はBTTの秘密兵器と言ってもいいだろう。しかし04年6月に韓国で行われたグラジエイターFCで滑川康人と対戦し、金的攻撃により反則負けに終わった。この結果がその後の格闘技人生を狂わせたのは間違え無いだろう。そんな時に今大会で滑川との再戦が決まり、失った2年半を取戻すために戦う。
■所属  
■生年月日 年齢31才
■出身地  
■身長・体重 185cm93kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
 
 
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

ハム・ソヒ (はむ そひ)
韓国 キックボクシン新人王準優勝 、韓国第2回散打選手権大会金メダル、ラスト新人王 優勝 、第一回韓国最強女子格闘技チャンピオン大会優勝、国際キックボクシング協会 軽量級チャンピオンなど韓国キックボクシングでは輝かしい戦績と実績を残している。試合で相手を圧倒してきたパンチ力とキックが得意で試合運びがうまい。現在DEEPで活躍中のキムドンヒョンと同じジムである。まだまだ総合の経験は少ないが、今大会では渡辺久江がKO宣言をしているだけにスタンドでの激しい殴り合いが予想される。1発で倒すパンチを持っているため、危険な試合になる事は間違え無い。
■所属 CMA KOREA 争心館
■生年月日 1987年 3月8日
■出身地  
■身長・体重 158cm49kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
 
 
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

北田俊亮 ( )
  柔道をベースに柔術、総合を始める。04年にはアマチュアパンクラスで優勝。05年にはパンクラスネオブラットトーナメント、修斗グラップリング、GIグラップリング、柔術などの大会に積極的に出場。そして昨年12月に行われたフューチャーキングトーナメントの16人で行われる最激戦階級である65kg以下級にエントリーし、優勝候補を次々に倒し見事優勝。今大会で本戦デビューを果たす。1DAYで3試合、10日後に1試合を制した精神力と技術力は脅威だ。
■所属 パラエストラ千葉
■生年月日  
■出身地 千葉県
■身長・体重 166.5cm65kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
 
 
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

志田幹 (しだ みき)
少林寺拳法四段の持ち主で、01年に行われた第3回「アマチュアパンクラスオープントーナメント」70kg未満級優勝、第7回「コンバットレスリング全日本選手権大会」63kg未満級3位に入るなど活躍する。02年に
■所属 パンクラスP'sLAB
■生年月日  
■出身地 神奈川
■身長・体重 164.5cm64kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
 
 
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

北岡 悟 (きたおか さとる)
96年9月(当時高校2年)にバス・ルッテンと船木誠勝の試合を見て衝撃を受け、大学進学を諦めプロ格闘家を目指す。パラエストラで2年間で柔術を学びながらパン・アメリカン柔術選手権、カンペオナートを始め、国内外の様々な大会に出場。00年からパンクラスに所属し、02年にはネオブラッドトーナメントで準優勝。その後実力を発揮し、カーロス・コンディット、ポール・デイリーなど世界の強豪を倒し、パンクラスウェルター級の中心的存在として活躍。先月の2月に行われたパンクラス後楽園大会では、ボードックが送り込んだ強豪グスタボ・PCまでも破り、念願でもあるPRIDEライト級トーナメントへの参戦を志願。今大会のDEEPで出場権をかけての試合が決まった。そしてその相手がこの階級の実力者である中尾と國奥を破ったファブリシオ“ピットブル”モンテイロだけに厳しい試合が予想される。果たしてPRIDEライト級トーナメント出場の切符を手にする事ができるのか。
■所属 パンクラスism
■生年月日 1980年2月4日
■出身地  
■身長・体重 168cm76kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
○ファブリシオ“ピットブル”モンテイロ 2R 2'37
 
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

川口雄介 ( )
恵まれた体格で学生時代は柔道一筋の生活を送り、高校選手権秋田大会、秋田県総体、国民体育大会、講堂館杯、全日本jr、インカレなどで輝かしい戦績を残している。パワーと打たれ強さはケタ違いであり、何よりストイックな精神力が強み。現在は池袋の番長BULLの下で激しいトレーニングを積んでいる。セキリティの仕事もしているため、まさに池袋のボディーガードと言っていいだろう。人気TV番組「銭形金太郎」にも出場し優勝した経験もある注目ファイター。
■所属 BLUE DOG GYM 
■生年月日 1980年8月14日
■出身地 秋田県
■身長・体重 184cm98kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
○ 29IMPACT フジヤマ(フリー) 判定 0-2
 
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

戦闘竜 (せんとりゅう)
アメリカ空軍に勤務する父の長男として生まれる。幼稚園では柔道、小学校 1年生からアメリカンフットボールを始め、高校ではディフェンスとして活躍すると共に、レスリングでも実績を残す。高校卒業後に単身で来日して相撲の世界に入門を果たし、郷里のセントルイス市にちなんで「戦闘竜」をしこ名とした。筋骨隆々の身体を武器に、史上初の北米出身関取・幕内力士となった。04年に15年に渡る相撲人生にピリオドを打ち、PRIDEに参戦。行き成りヘビー級GPに出場し、シルバと対戦するが破れる。しかし大巨人からテイクダウンを奪う健闘振りを見せた。2戦目となった10月のPRIDE武士道では、マル・ザ・ツイン・タイガーを強烈なフック一発でKO勝利を収めた。その後、瀧本誠、ジェームス・トンプソン、ズールに連敗。総合用の体を造る事が課題となった。最近ではイギリスCAGE RAGEに参戦するなど世界に活躍の幅を広げており、今年3月には、久しぶりの日本での試合となったHEAT3に参戦し見事KO勝利した。
■所属 ファイティング・ドラゴン
■生年月日 1969年7月16日
■出身地 アメリカ
■身長・体重 175cm112kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
×クリスチアーノ上西 1R 4'00" KO 2007.4.13 29IMPACT
 
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

桜木裕司 (さくらぎ ゆうじ)
  格闘技歴は極真空手(初段)、掣圏道(三段)、キックボクシング。新日本キックボクシング協会・目黒ジム出身で現在は掣圏会館師範を務める。ラグビーの能力を買われて推薦入学した高校で、ラグビーをせず空手を始める。95年、極真空手 全日本Jr 高校重量級 優勝。98年、学生 総合格闘技 重量級 優勝。03年、第1回 掣圏武芸トーナメント –95kg級 優勝などのタイトルを持っている。S.W.Aアルティメットボクシング、掣圏で活躍し、最近ではパンクラスを中心にMARS、リアルジャパンプロレスにも活動を広げている。パンクラスで佐藤光留を沈めた後ろ回し蹴りは驚異。今大会の滑川戦では、師匠佐山聡と前田日明を超える壮絶な試合が期待される。
■所属 掣圏会館
■生年月日 1977年7月20日
■出身地 宮崎県
■身長・体重 180cm88kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
×滑川康仁 1R 2'12"ヒールホールド 2007.4.13 29IMPACT
 
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

菊野克紀 (きくの かつのり)
中学、高校時代は柔道の練習に励み、高校の時に九州大会66kg級で3位になる。高校卒業後、極真空手に入門し、内弟子として5年間修行した。03年には極真空手九州大会無差別級で優勝、極真空手関西大会無差別級優勝の実績を持つ。その後、鹿児島で総合の練習も取り組み始め、上京してからはA-スクエアで練習する。05年のフューチャーキングトーナメント76kg以下級に出場し、準優勝の成績を収める。06年に入りZST SWATで1勝をあげ、続くclubDEEP東京でLUIZ相手に終始有利に試合を進めていたものの時間切れでドロー。10月のDEEP26のフューチャーファイトでは見事一本勝ちを収め、12月のDEEP27で本戦デビューを果たした。いきなり実力者長岡弘樹を判定で下す大物ぶりを見せ、2戦目となる今回は海外での経験が豊富な上小薗琢大相手にどんな試合になるのか楽しみだ。
■所属 ALLIANCE
■生年月日 1981年10月30日
■出身地 鹿児島県
■身長・体重 170cm73kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
△ LUIZ 時間切れ 2006.7.8 club DEEP東京
○ 小林裕 1R 3:26 閃宛舜以澎 2006.10.10 DEEP26 稔袷ョ
○ 長岡弘樹 判定 2006.12.20 DEEP27
○ 上小園琢大 判定 0-2 2007.4.13 29IMPACT
 
 
 

[一覧に戻る]

岩瀬茂俊 ( )
00年4月に大河内貴之戦で修斗プロデビューを果たし、つづく01年4月にも堂垣善史にも勝利し2連勝。同年修斗オランダ大会にも選抜され見事1R腕十字で勝利。しかし02年から勝利に恵まれず、03年5月の徳山靖之戦ではドローに終わったが、その後、ニコ・ナセリ、堂垣善史に連勝するなど実力を発揮。05年7月には現在勢いのある、新鋭青木真也と対戦したが、蹴りが急所に当たり試合続行不可能となり反則失格負けとなってしまった。DEEPには昨年2月のDEEP23に初参戦し、現DEEPウェルター級チャンピオンの長谷川と対戦。互角に戦うが、惜しくも判定負けを喫する。そして今大会がDEEP2戦目となるため、初勝利が欲しい所だ。現在PRIDEで活躍している川尻、石田の親分敵な存在でもある。
■所属 TーBLOOD 
■生年月日 1975年6月06日
■出身地 茨城県
■身長・体重 178cm76kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
× 長谷川秀彦 判定 2006.2.5 DEEP23
○中台戦(PRB)1R 3'25"チョークスリーパー 2007.4.13 29IMAPCT
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

ムリーロ・ブスタマンチ ( )
10歳の頃より柔術を始め、カーウソン・グレイシーに鍛え上げられる。96年アラバマ州で行われたMARSでは、トム・エリクソンと対戦。40キロ以上重いハンディを跳ね返し見事ドローに持ち込み一躍脚光を集める。その後はUFCを主戦場とし、第35回UFCではデイブ・メネーを破りミドル級チャンピオンに輝いている。その後PRIDE GP2003開幕戦では同門のヒカルド・アローナのケガにより緊急参戦が決定。大会直前に出場を決めたにも関わらず、怪力クイントンを流れるような柔術テクニックで翻弄。05年には、本来の階級であるウェルター級で真の実力を見せ付けるべくPRIDE GPに出場。須田、美濃輪を退け、文句なしの決勝進出を果たした。決勝ではダン・ヘンダーソンと対戦。一進一退の攻防を繰り広げたが、最後はスプリットの判定で惜敗した。そして06年11月のPRIDE 武士道では成長著しいユン・ドンシクを破り、健在振りをアピールした。今大会では、以前PRIDE武士道で対戦し極めきれなかった相手である桜井との再戦が決まり、今度こそ実力の差を見せたい所だ。
■所属 ブラジリアン・トップチーム
■生年月日 1966年7月30日
■出身地 ブラジル
■身長・体重 185cm83kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
○桜井隆多(R-BLOOD) 1R 3'50" KO 2007.4.13 29IMAPCT
 
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

フジヤマ本名:藤山浩隆 ( )
ラグビー、柔道を経験し総合を始める。キングダム・エルガイツ、D.O.Gで活躍し、昨年9月にはアメリカ金網大会「WPF」にも参戦した。本業は何と俳優をしており、現在も映画、TV、CMで活躍している。得意技は怖い顔と言えるぐらいに顔が危なく、悪役の仕事が多い。今大会では、銭形金太郎で優勝した川口雄介を相手に喧嘩で勝負だ。
■所属 フリー
■生年月日 1973年6月15日
■出身地 鹿児島
■身長・体重 177cm105kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
×川口雄介 判定 0-2 2007.4.13 29IMPACT
 
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

キム・デウォン ( )
  高校2年で韓国の全国柔道大会で優勝を飾り韓国柔道界の天才児と言われ、韓国代表強化選手に選ばれる。03年に総合デビューを果たし、翌04年に32人で争われたモトローラ杯で準優勝。05年にはトイドFCトーナメント優勝するなど韓国総合格闘技界を代表する選手の一人となる。初来日となった05年5月のG-SHOOTOでは島川敦行と対戦し、グラウンドでの蹴りで減点1となるも判定3-0で見事勝利を収めた。つづく9月には、DEEP 20に初参戦。行き成り実力者山宮恵一郎を破り、周囲を驚かせた。その後念願のPRIDE 武士道に参戦し、 郷野聡寛と対戦。敗れはしたものの、序盤はパワーを武器に攻め立て会場を沸かせた。怪我で一時試合から離れたが、昨年12月のDEEP27で復活。白井を右アッパー一発でマットに沈めた。今後のDEEPミドル級トップ戦線に絡んでくる事は間違え無いだろう。
■所属 CMA KOREA/正進MMA GYM
■生年月日 1979年11月01日
■出身地 韓国
■身長・体重 180cm82.8kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
○ 山宮恵一郎 判定 2005.9.3 DEEP20
○ 白井祐矢 1R 3:31 KO 2006.12.20 DEEP27
 
 
 
 
 

[一覧に戻る]

雷暗暴 ( )
  カンフー、柔道、ボクシング、キックボクシングなどあらゆる格闘技を経験。98年全日本アマチュア修斗選手権ウェルター級3位になり、99年6月にブレナン・カマカ相手に一本勝ちでプロデビューを果たす。00年11月には五味隆典と対戦し、判定負けをしたものの眼窩底骨折に追い込んだ。その後三島☆ド根性ノ助、ビトー"シャオリン"ヒベイロ、川尻達也などの大物選手としのぎを削り、修斗では世界ウェルター級ランキング1位にまで昇り詰めた。DEEPには、02年9月のDEEP6有明コロシアム大会に初参戦し、ジョン・ホーキ相手に修斗のレベルの高さを見せた。05年4月のDEEP HERO1では、ジョン・バジスタ・ヨシムラをTKOで下し、06年4月のDEEP24で帯谷とDEEPライト級のベルトをかけて対戦したが、惜しくも判定負け。続く8月のDEEP25では、長谷川と対戦しドローに終わった。12月にはMARSに参戦し、秒殺勝利。今年こそベルトが欲しい所だ。そして今大会では評価の高いBarubaro44が相手だけに、何が何でも勝ちたい。
■所属  
■生年月日 1979年2月3日 
■出身地 アメリカ・ミシガン州
■身長・体重 165cm73kg
■タイトル  
 
 
■DEEP主戦績
× ジョン・ホーキ 判定 2002.9.7 DEEP6
○ 灼ロナ濮柔ブ煮ラ 2R 5:00 TKO 2005.4.17 DEEP HERO1
× 帯谷信弘 判定 2006.4.11 DEEP24ライト級タイトルマッチ
△ 長谷川秀彦 判定 2006.8.4 DEEP25
○Barbaro44 3R 3'01"チョークスリーパー 2007.4.1329IMPACT
 
 

[一覧に戻る]


[ <<BACK ][ TOP ][ NEXT>> ]

(7/8)