• banner_youtube.jpg
  • sponsor.jpg
  • sponsor.jpg
  • rule

DEEP

  • banner_youtube.jpg
  • sponsor.jpg
  • sponsor.jpg
  • rule

WILD SIDE

CATEGORY2015年3月

20150303_173258.jpg

▼第10試合 女子フライ級 5分2R ○しなしさとこ(フリー)一本 1R 1分36秒 ※腕ひしぎ十字固め●Emi(毛利道場)※山本恵美から改名

佐伯さん「結果的に言ったら、しなしの強さなんだけど、まず見合う体重の相手がいないっていうか。難しい中で、Emi選手出てきてくれたから。体の大きさも全然違ったし。しなしは、45㎏も無理かもしれない。もういないんだよ42㎏って。」

しなし選手はどこへ向かっているのかな?

佐伯さん「わからないなぁ。まぁ、なんせ相手見つけるのに苦労しているのでね。。。。Emi選手は今後はDEEP JEWELSとかでも出てくれれば嬉しいし。まぁ、いろんな試合がある中で、こういう試合があるのは興行的には悪くないことだし。

そうだね。まぁ、Emi選手は魅力的な選手だし、今後も頑張ってほしいですね。

佐伯さん「美女格闘家現るですよ。」

さぁ、今回のライト級の目玉。▼第11試合 ライト級 5分3R ○宮崎直人(総合格闘技津田沼道場)判定2-0●岩瀬茂俊(T-BLOOD)

佐伯さん「レベルが高くてね。お互いやりたいことも同じだっていうか。なんていうか、いろんな意味で厳しかった。」

個人的にはドローって思ったけど。。。。。

佐伯さん「そうだね。。。。。まぁ、判定の話になるとまたジャッジの話になるから。。。。。。。何とも言えないんだけど。でも個人的に言わせてもらうと、僕は答えは出せなかった。」

これはどうなんですかね。。。。。。この試合の結果って、凄い今後のライト級を占う結果だったからね。。。。正直、宮崎君が勝利したけど、なんていうか、説得力がないっていうか。岩瀬さんも負けた気がしないっていうか。。。。。。。

佐伯さん「そうなんだよね。。。。ややこしくなっちゃったよね。。。。。。。。まぁ、ライト級の話は最後にしましょう。」

▼第12試合 セミファイナル ウェルター級 5分3R ○中村K太郎(K太郎道場)一本 1R 3分47秒 ※チョークスリーパー●片平なぎさ(CB IMPACT)

佐伯さん「片平が勝つには、とにかう1Rで打撃で倒すしかないと思ったんです。いくらパワーファイターといっても、百戦錬磨のK太郎ですから。まぁ、実際はものが違ったかなっていう結果だったね。」

K太郎の強さを見せつけた形になってしまったね。

佐伯さん「予想以上にK太郎が強いんだよね。で、僕はK太郎ってトップだと思うんです。ただ、たまたまどっかでポカしたりとか。。。。日本のライト級ウエルターで本当にトップです。だって、あんだけわかっているのに、必殺技で極めちゃうんだもん。」

あの形になるとダメだね。。。。。。K太郎くんはタイトルマッチ決定ですか?

佐伯さん「そうだね。あとは時期だけだね。」

でも、悠太対K太郎は楽しみな一戦ですね。。。。。

佐伯さん「でも、いままでK太郎がやられてきた選手見ると、なんとなく悠太に近いようなそんな気がするんだよね。」

ドキドキワクワクの一戦です。悠太君も若い時から知っているけど、本当に少しずつ上がってきた選手だし、DEEPで強くなってきた選手だから。しかもK太郎くんはUFCにも出ていた選手だし。世界を目指す悠太君としては、負けられなし、悠太君を図る上でも重要な一戦になるよね。

佐伯さん「K太郎としても重要な一戦になるよね。」

いやぁ、久々に胸躍る一戦だなぁ~。

▼第13試合 メインイベント ミドル級 5分3R ○長谷川賢(フリー/DEEPメガトン級王者)一本 1R 4分12秒 ※V1アームロック●桜井隆多(R-BLOOD/元DEEPミドル級王者)ただただ衝撃でした。

佐伯さん「そうはいっても隆多が開始早々でいって、隆多が早い時間に決めるんじゃないか?っていう声が多かった。でも、始まって見合っちゃったところもあった。でくっついて倒されてからもう無いもできなかった。隆多が力でも勝てなかった。。。。」

体格差を全く感じなかったんだけどね。パワー差は歴然だったね。

佐伯さん「隆多がうちにきて十何年、あんな負け方無いでしょ?」

そうそう。

佐伯さん「そういう意味では、長谷川って強いんだなって。そういう印象だよね。もちろんカズ戦で、お~強い。っていうところを、はっきりしたものにしたよね。長谷川ってやっぱり実力あるだっていう。」

まぁ、海外でも頑張っているし、モチベーションが高いし。ミドルに落とすって言っても、戦績のことではなくて、あえて強い相手とやって。それでああいう風に勝っちゃう。本当に世界のトップを虎視眈々と狙っているよね。

佐伯さん「そういう意味では、長谷川の株が上がっている。」

しかも無敗ですから。海外での評価も高いです。いろんなところ調整しながらぜひ上に行ってほしい。本人はm、なんあウエルターもいけるような話もしていたし。。。。。

佐伯さん「う~ん。そうねぇ。。。。。。」

まぁ、最後二試合は、拮抗する試合ではなかったけど、でも二人のトップが魅了したってい感じかな。

佐伯さん「そうだね。」

はい。さぁ、では最後に混沌としまくっているライト級の今後について話してください。北岡君を取り巻くライト級の状況を教えて。

佐伯さん「宮崎君と岩瀬君が試合した。結果宮崎君が勝った。でも内容的には今後どうしていこうかなっていうのが出てきた。」

岩瀬君が負けた気がしないんだよね、何か。

佐伯さん「そうなんだよね。」

宮崎君の価値っていう説得力のない試合になっちゃったね。

佐伯さん「で、もともと俺の考えは、この二人の勝者と岸本をやらせて、そこでタイトルマッチ挑戦権を与えようとしていた。」

はいはい。

佐伯さん「ただ、いまは それはどうかなぁって感じになった。もちろん、北岡とも話した。で、やはり岩瀬、宮崎の差が。。。。。なんていう、あみんなが納得する勝者っていう感じでは俺はない。。。。。。。。。。。。だからさぁ、これ書けないけど。。。。。。。◎◎◎◎、(以下8分ほど書けない内容の佐伯繁の爆発。。。。。。で、話は反則行為に)」

でもね、俺金テキってあるでしょ。あれはいつもなんとなく解せない。だって、明らかにあれで試合の流れが変わってしまうし。なによりも、主審の判断だけど、口頭注意かイエローかもどういう基準かわからない。石橋君のだって、越智君がわざとやったようには見えない。でも、結果的に石橋君の悶え方とか重症感であれイエローが出た感じがある。ならば、みんな大げさに痛がったらイエローになるのか?

佐伯さん「そうだね。」

それだったっら、わざととまでは言えないけど、ちょっと悪質なのから偶発的なものまですべて一括してイエローとか、ちょっと重い処罰にしないと、受けたほうが必ず不利になる。

佐伯さん「でも、そうなるとイエロー増えちゃうし、金テキかどうかの判断も難しいよね。」

だから、結果それは主審の判断。でも、基本的には金テキは重くとったほうが良いと思います。これは俺の提案です。金テキは重く処罰するべき。もちろん、そのジャッジは主審。

佐伯さん「そうだね。。。」

まぁ、ちょっと検討してください。。。。。で、ライト級のことね。

佐伯さん「そうだね。。。。」

まぁ、岸本、岩瀬、宮崎、岡野、この4人がやぱり北岡君の候補だよね。。。。。

佐伯さん「岡野も次の試合どうするかってことだし。。。。。まぁ、でもちょっと話したいです。よくマネージャ陣と話したい。7月の北岡のタイトルマッチということであれば、勝ち負けより試合内容などで決めるしかない。。。。」

でも、そのために勝って、試合内容くないから、今回は待ってくれとはなかなか勝った選手に言えないですよ。

佐伯さん「。。。そうであれば、7月の北岡のタイトルマッチやらずに、考えるっていうのは手だよね。」

それはそれでしょうがないよね。

佐伯さん「7月の北岡のタイトルマッチは無理かな。。。。。。」

う~ん。。。。。。。。。

佐伯さん「とりあえず話したい。マネージャーと話す。」

そうですね。頼みます。で、5月のDEEP72はどんな感じになりますか?

佐伯さん「まずは大塚のタイトルマッチができればいいなと思います。」

ほぉ。いいですね。

佐伯さん「あとは和田君とか、大晦日組。」

はいはい。いいですね。和田君は誰とやるんですか?

佐伯さん「◎◎考えています。」

お~!!それはいいですね。◎◎次第ですけどね。

佐伯さん「あとは、◎◎。」

はい。まぁ、それはしょうがないね。

佐伯さん「あとは石司君とか。」

お~、いい!!見たいみたい!!

佐伯さん「まぁ、少しずつぼちぼちマッチメイクはじめてます。」

あ、あと、大晦日のDVD出ますね!!??

佐伯さん「そうですね。今やっています。」

はい、宣伝して宣伝。

佐伯さん「レンタルできるようになると思います。」

お~!!!いいですね!!皆様、よろしくお願いいたしますね!!

20150303_171533.jpg

さぁ、やりましょう!!

佐伯さん「はいはい。でもさ、インビクタどうした?あと◎◎」

とりあえず、◎月●日と◎がつ●日で決定。で、◎◎が◎◎して、、、、、、、、(以下海外MMAとDEEP選手との関わりについて20分近く熱く語る)

佐伯さん「まぁ色々考えなきゃね。」

さぁ、どうでした今回は?

佐伯さん「う~ん、、、、、、、、」

今年一発目ですね。

佐伯さん「前半で一本が少なかったので、ちょっとどうかな~って思ったけど。後半はK太郎と長谷川が締めてくれたよね。」

まぁ、判定の試合が多い印象があったかな。

佐伯さん「実際には判定は半分くらいですよ。でも印象です。前半が多かったし。」

個人的には目新しい選手が多かったていうか。目新しいっていうか。普段後楽園で見れない選手も多くて、興味深い大会でしたけど。

佐伯さん「そうだね。うん。」

▼オープニングファイト フェザー級 5分2R○上迫博仁(チーム クラウド)判定3-0●ソン・ジンス(韓国/KOREAN ZOMBIE MMA/本宮塾)

佐伯さん「前回みたいに、韓国人がもっとスタンドでいってくれるかなって思ったけど、ちょっと見ちゃったな?レスリング力でも上迫が上だったし。まぁ、上迫が強くなっているっていう、印象だった。計量オーバーもあったけど、とにかく強くなっている印象。今回オープニングていうのはペナルティですよ。」

でもさ、上迫君の実力はわかったよね。だから、ちょっと上の選手と見たいって思わせる強さでしたよ。

佐伯さん「そうだね。」

▼第1試合 ウェルター級 5分2R△米田奈央(D+)ドロー 判定1-1△ルクク・ダリ(コンゴ/Honey Trap)

ルククダリは存在感抜群なんだけどな。

佐伯さん「凄いパンチもっているんだけどね。スタミナがね。。。。。意外と米田君が頑張っちゃった印象がある。」

米田君は徹底的に片足タックルいってたもんね。

佐伯さん「もちろん、スタミナのこともあるんだけど、ルククにはもっといってほしかったなぁ。最初のパンチの怖さが終盤に連れて無くなっちゃった。」

そうですね。まぁ、でもとっても面白い存在なんだから、もう一皮むけたら選手としてはかなり面白くなると思うんだけど。。。。

佐伯さん「見てくれもいいしね。米田くんはウエルター級で、きっちりと着実に強くなってほしいよね。」

でも一試合目としては面白かったと思います。▼第2試合 フライ級 5分2R○中山ハルキ(GRABAKA)判定3-0●ホン・スンヒョク(韓国/KOREAN ZOMBIE MMA/本宮塾)。中山君はいい選手でした。

佐伯さん「もう、韓国人のロープ掴みしか印象にない。」

確かに。でも、中山君は個人的には良かったです。

佐伯さん「そうだね。」

打撃もテイクダウンも良かった。

佐伯さん「そうだね。際をおさえたよね。でも、とにかくロープ掴みがひどくてね。。。。。。。中山君はまたフライ級で今後注目の選手ですよね。」

▼第3試合 バンタム級 5分2R○高野優樹(和術慧舟會HEARTS)判定3-0●巽 大祐(NEX)

佐伯さん「高野君の試合でしたね。」

ちょっと実力差を感じちゃいました。

佐伯さん「そうだね。腕十字すっぽぬけたけど、極めがあればもっといいけどね。でも、まだ4戦目でした。巽くんもチャンスだったけど。。。」

印象に残らなかったね。

佐伯さん「そうだね。」

そして次の試合が際立って面白かったですね。▼第4試合 ライト級 5分2R○大山釼呑助(INFIGHT JAPAN)  一本 2R 27秒 ※アキレス腱固め●チャンタモ(ハニートラップ)

佐伯さん「チャンタモ選手とマッハ道場の沼尻君をやらせようとしたんだけど、沼尻君が怪我してね。急きょ大山君が出てきてくれた。大山君も怪我してて、でもこういうチャンスだったからということで出てくれた。とにかくチャンタモ選手のパンチの強さ。そこをうまくしのいでね。まぁ、普通のお客さんが見てもさ、大山君の見てくれも含めてさ、どう考えても魅力的な選手だし。そこをきっちり一本取るっていうのはね。」

持っているね。

佐伯さん「そうなんだよね。でも、大山君もここから上に上がるのが大変だよね。」

そうですね。しかしね、今回の大会見た人、ほとんどがチャンタモ選手のインパクトの強さ。印象深い選手ですね。

佐伯さん「そうだね。」

今後もチャンタモ選手は出てくるんですか?

佐伯さん「そうだね。」

体つきも凄いし、また見たい選手ですよね。

佐伯さん「うん。」

今回は大山君の魅力を爆発させた試合だったんじゃないですか?ベストバウトですね間違いなく。上と見たいですね。

佐伯さん「そうだね。」

あぁ、ルイスに負けてるんだね。。。。。。。

佐伯さん「そうなんですね。。。。。。。。。ルイスはね、いい意味でも悪い意味でもいつもあいつ邪魔すんですよ。」

いやいや、いい意味で邪魔するっておかしいでしょ。。。。。。▼第5試合 バンタム級 5分2R○安部路人(漢塾)一本 2R 3分37秒 ※チョークスリーパー●宮川博孝(ALLIANCE/TEAMゆでたまご)

佐伯さん「宮川君はね、いつもと違う試合はこびっていうか。。。。。。。」

とにかく体格差があったなぁ。。。。。。

佐伯さん「安部くんのセコンドにONE FCの安藤君がついていたりしてあら?って。まぁ、安部君はしっかり仕上げてきたなって思いましたね。」

強かったですよ。

佐伯さん「宮川の良さ、あの凄いパンチが見れなかったのが残念だった。勝ち負けはもちろんある。格闘技は勝負論がある。だから一概には言えないけど。でも、宮川に関しては俺はね、試合間隔を空けすぎていると思う。試合を空けちゃうと、負けたくないっていう気持ちが強すぎて、宮川の良さが出ていない気がする。寒天や粕谷を倒したパンチが見たい。俺はね。だから、宮川と話して、もっと試合組んでいこうかと思っています。」

まぁ、でも宮川君の魅力はやはりパンチっていうのはあるよね。俺も見たいし。ファンも多いし。宮川君の良さを知っているだけに、ああいう前はとっても残念ですよね。

佐伯さん「そうだね。」

安部君はまた一つしっかり勝ったので期待ですね。▼第6試合 ライト級 5分2R○大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)TKO 2R 1分40秒●藤澤優作(禅道会) ※セコンドからのタオル投入

佐伯さん「大原は力の差を見せたんですけど、やはりポジションがね。。。」

大原君は序盤安易にテイクダウン取られちゃってたね。

佐伯さん「逆に藤沢君は強くなっている印象を持ちました。大原相手にしっかりと戦っていたし。」

そうですね、樹里君は、どうしてもテイクダウンが課題ですよね。あんな序盤にこかされちゃうときついね。。。。

佐伯さん「そうだね。まぁ、25戦やっているからね。。。。。。それで、また試合を組んでくれと言われていますけど。」

すげえね。まぁ、結果ちゃんとしっかりと勝ちましたからね。▼第7試合 ライト級 5分2R△LUIZ(禅道会)ドロー 判定1-0△濱村 健(ハニートラップ) 

佐伯さん「う~ん。。。お互い前にでていたし。でもお互い決定打がない。。。。。なんていうか、悪い試合じゃないけど、お互いの手が一緒っていうかね。」

単調だったかな。

佐伯さん「そうだね。倒しに行くっていう感じじゃなかった。。。。。。今のライト級を象徴するような試合だったかな。」

こういう試合はさ、次が組みにくいよね。。。。。。。

佐伯さん「そうなんだよね。本当に。。。。。」

さぁ、次もライト級です。注目の岡野君ライト級初戦でした。▼第8試合 ライト級 5分2R○岡野裕城(マッハ道場)TKO 1R 2分31秒●江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)

佐伯さん「岡野は強かったな~っていう印象で終わった感じだよね。」

途中、岡野の金的が、本当は腹に入ってダウンじゃないか?っていう話がありましたが。。。。。ああいう場合ビデオ判定はできないのですか?

佐伯さん「そしたら全部そうなっちゃう。パンクラスはやっているけど。。。。。」

ああいう場合は、やはり主審のジャッジですよね。実際、ビデオ判定ですべてがわかるわけではないから。

佐伯さん「岡野はつよかったなぁ。。。。。。。でも、岡野のテイクダウン見たかったなぁ。」

混沌のライト級に関してはまた後程話しましょう!!▼第9試合 フライ級 5分2R△越智晴雄(パラエストラ愛媛)ドロー 判定0-0△石橋幸太(総合格闘技DOBUITA)

佐伯さん「今回ね、石橋は頑張ってくれたって思っています。俺の中ではジャッジがどうなんだろうって。まぁ、あの金的のなかで、石橋が最後まで踏ん張ってくれた。あれはね、金星に近いと思う。」

そうですね。

佐伯さん「逆に越智君は作り直したほうが良いと思う。2Rしかないんでね。。。。。。」

まぁ、あの金的も相当つらかったと思うけど、本院がどうしてもやりたいと。あのとき、セコンドとジャッジと佐伯さんと話したけど。あれで、出てって負けてもいいって。まぁ、ドクターも大丈夫って言ってくれたし。

佐伯さん「石橋君の評価を上げた試合だと思います。越智君も清水とかに勝っている選手だし。今後期待です。」

これで、石橋君はなんとなく、フライ級第二世代で一個頭抜けたような気がしますけど、次どうですか?赤尾君とか、次また試合決まっているけど、どうかな?

佐伯さん「そうだね。」

いま、フライ級は元谷がどうなるかわからないけど。。。。。。。。まぁ、どうなるか。。。。。。

 


  • UTM 情報漏えい防止 インターネット セキュリティ
PageTop