• banner_youtube.jpg
  • sponsor.jpg
  • sponsor.jpg

DEEP

  • banner_youtube.jpg
  • sponsor.jpg
  • sponsor.jpg

WILD SIDE

CATEGORY2015年10月

20151020_150727.jpg
採決結果でショック受けているように全く見えませんね。

▼第8試合 
DEEPvsROAD FC 
女子44kg以下 5分2R○しなしさとこ(フリー/DEEP女子フライ級王者)一本 2R 2分30秒 ※チョークスリーパー●チェ・ヒダ(韓国/TEAM KYUNGJU SAMBO/CMA KOREA)

佐伯さん「まぁ、チェヒダはね、噂で凄い強いって聞いていたんですよね。で、実際見てみて、あの構えとか、手足の長さ、ステップ、これは強いんじゃないかなっていう。」

確かに。

佐伯さん「で、後半明らかにスタミナ切れしていたよね。だからこそ、スタミナ切れていなかったら、しなし、危なかったと思うよ。つまり経験の差が勝敗をわけたっていうか。」

ここ最近、しなしが一番苦戦していたよね。

佐伯さん「計量でも服着て、余裕の計量でしたから。。。。。これ、本当の体重でやってたら本当にわからない。おれは素直にいい選手だと思ったよ。」

まぁ、お互いなかなか相手がいないからね。

佐伯さん「だからこそ、将来、またやるかもしれないよね。」

しかも、美人で見てくれもいいですしね。

佐伯さん「そうそう。しかしさ、最近女子は十字決まらないよね。関節やわらかいんだなー。」

確かに。

佐伯さん「でも、いい試合でした。」

まぁ、試合の流れからここに女子入れたのは良かったですね。

▼第9試合 
DEEPvsROAD FC ミドル級 5分3R
○水野竜也(フリー)TKO 2R終了時 ※セコンドからのタオル投入●ムン・ジュンヒ(韓国/チームマスクメン/CMA KOREA)

佐伯さん「これも驚いたね。」

水野君、やばかったね。

佐伯さん「水野も試合間隔が空きすぎて、、、、、って言ってたけど、、、、最初は本当にやばかったよね。ムンも長南とやったり、最近本当に伸びてきている選手。
しかも本来は一階級下。そういう中で、水野とやらせたんだけど。」

いやぁ、バックからの打撃は完全に効いてましたね。

佐伯さん「そうだね。結果勝って、強さ魅せたけど、簡単では無かったよね。」

ムンも良かったよね。試合内容としても、良かったけど、でも水野君も課題が見えた試合だったんじゃなですか。

佐伯さん「そうだね。まぁ、RYOがここで王者になって、またどこかで再戦ということもあると思うし。」

水野君も大舞台に上がってた選手だし、色もあるので、ここは王者目指して頑張ってほしいですよね。

▼第10試合 
セミファイナル 
第5代DEEPメガトン級王者決定戦 
5分3R○シング・心・ジャディブ(インド/フリー/K-1 ASIA GP王者)TKO 2R終了時 ※セコンドからのタオル投入●カルロス・トヨタ(ブラジル/HARD COMBAT)

※シングが第5代王座に就く。まぁ、RIZINでヒョードルとやるんじゃないかなんていう噂の中の試合でしたけど。

佐伯さん「実は、これ1っか月前くらいから決まっていたカードだったんですよ。でも、二転三転して、カルロストヨタになったんだけど。。。。。。。
K-1での活躍もあったし、MMAも実際、岡見とかと練習していて、シングは本当に強いと。。。。」

いやぁ、もう5~6年前くらいから、シングの強さは噂で聞いてましたよ。

佐伯さん「そんななかで、カルロスも一発あるし、怖さもあるけど、まぁ、シングが勝つんじゃないかっていう状況があったんだけど。。。。。。。。」

はい。。。。。。。

佐伯さん「もちろん、試合は勝ったんだけど、内容的にインパクトもなかったし、むしろ、カルロスのほうが、見た目、エンターテイメントとしたときに、
客を沸かせることができるというか。結果そういう印象が残ってしまった。この試合に関しては、カルロスの評価を挙げた試合で、
シングの評価を下げた試合ですね。。。。。。まぁね、シングも、絶対に負けられない試合とか、そういう凄いプレッシャーがあったのはわかります。
タイトルマッチとか。。。でも、いけなかった。前に出れなかった。。。。」

そうだね。。。。。。。

佐伯さん「まぁ、そう考えると、カルロスに助けられた試合だったよね。」

不慮の怪我でタオルを投げることになってしまいましたが、もう腕の調子がおかしくなった後も1ラウンドやってくれたしね。

佐伯さん「シングは、試合勘ではなくて、いけない自分がいたわけで、試合勘とは関係ないと思うし。」

シングは体もできてなかったよね。

佐伯さん「そうね。まぁ、でも、シングに勝てる日本人もそう出てこないと思うけどね。」

でも、きっとシングも凄い能力を持っているわけですから、これを反省点として、世界を狙ってほしいですね。
▼第11試合 
メインイベント DEEPフライ級タイトルマッチ 5分3R
○元谷友貴(CB IMPACT/DEEPフライ級王者)判定5-0●小島壮太(吉田道場/挑戦者)※元谷が初防衛に成功。
小島くんも5連勝で、タイトルマッチにこぎつけました。が、結果的に何もできなかったという現実。。。。。

佐伯さん「小島くんも凄い伸びてきている。ただ、元谷という選手の試合を見てきている中で、もちろん小島の強さで極めきれなかった。。。。。。。
ただ、いままでの元谷への期待感が大きすぎるので。やっぱり、物足りなさを感じてしまった。まぁ、期待感が半端なく大きすぎるんだけど。」そうだね。
でも、格闘技をやっている人からすると、あの最後まで攻め続けている元谷を見て、ありゃバケモノだと。水垣君も、元谷君強いですね!!って言ってました。

佐伯さん「お客さんはね。。。。」

そうなんですよ、結局、俺らみたいに競技者じゃない人間は、どうしても、一本かKOでがっちり勝ってくれることを期待しちゃうからね。
テレビとか、格闘技をテレビで見る程度のファンは、やっぱり派手な勝ち方が見たい。

佐伯さん「もちろん、やられた小島としては、3ラウンド通してやられなくっているから、やられた方としては最悪だよね。」

確かに。言い訳できないし。

佐伯さん「でもね、期待感以上のことをやってくれるのがスーパースターですからね。」

そこですよね。そこ。元谷君は、スーパースターになれる逸材ですから。

佐伯さん「やっぱり、期待感があるからね。」

まぁ、でもDEEP代表として元谷君を大舞台に上げたいっていう気持ちはずっとあって、おそらくRIZINの舞台に上がってくれると思うんですよね。

佐伯さん「まぁ、弱いのは絶対に来ないからね。」

DEEPとしては元谷君とあと和田君とね。この二人を世界に出していきたいですよね。
そういう意味でもRIZINが始動するっていうのは、本当に楽しみですよね。


佐伯さん「そうだね。」

まぁ、しかしRIZINが年末やるってことは、DEEP DERAM IMPACTは今年の年末は無いってことですね?

佐伯さん「いやいや、やらないでしょ。発表したでしょRIZINを。」

なんか嬉しいような、悲しいようなですね。。。。。でも、年末までジュエルスとディファがありますからね。

佐伯さん「12月、目玉の試合が一個無くなっちゃったんだね。。。。。。これが、本当に痛い。」

あぁ、◎◎対◎◎ね。。。。。これは、見たかったなぁ。。。。。残念だぁ。ところで、12月20日はリングですか?

佐伯さん「そうだね。リングですね。まぁ、RIZINはリングみたいですけどね。うちは今後も両刀でやっていきますよ。」

そうね。で、長谷川賢くんもRIZIN出撃の可能性大と聞いています。

佐伯さん「そうね。離しています。ただ、世界のミドルは本当に大変だからね。。。。。」

いやぁ、厳しいと思いますよ。また、中村K太郎くんもUFCで凄い勝ち方したし、DEEPの王者が大舞台で輝いてくれるとうれしいなぁ。

佐伯さん「そうですね。」

さぁ、年末に向けて、また忙しいけど、まずは採血の結果がなによりもやばいので、佐伯繁は今後どうやって生きていくんですかね。

佐伯さん「いやいや、腹筋しているんですよ僕!!!ジムにも行っているし、、、、、(以下省略)」

ということで、ありがとうございました!!!

20151020_150723.jpg
病院での採決結果が悪いのに完全にふざけて、全く気にしない佐伯繁糖尿病。


佐伯さん。こんにちは。

佐伯さん「はい。」

採血悪いね。

佐伯さん「今ね、ジム行っているんですよ!!」

。。。。。。。

佐伯さん「腹筋もやっています!!」

。。。。。。。。。。。。。。

佐伯さん「前回やりませんでしたね、総括。。。。。」

。。。。。。。。。。。。いろんな人から言われました。。。。。。。。。

佐伯さん「忙しかったしね。。。。。」

いやぁ、UFCがねぇ。。。。。。。。さぁ、気を取り直して頑張りましょう。

▼第1試合 
バンタム級 5分2R ○宮川博孝(ALLIANCE/TEAMゆでたまご)判定3-0●亮IFK(リバーサルジム川口REDIPS)
これ、高木君の弟だよね?

佐伯さん「そうそう。」

僕は、一試合目としてはよかったな。

佐伯さん「宮川の応援団も多かったしね。」

宮川君も前に出てたし。

佐伯さん「内容的にも、後楽園の良さが出たっていう試合でしたね。アグレッシブにお互い言っていたし、そういう気持ちも、
特に宮川はね、そこらへんの気持ちも見えたし。噛み合ってたよね。」

まぁ、宮川君も連勝だしね、なんかマイクで他団体の元王者が自分とやりたいっていているみたいなことを言ってました。

佐伯さん「まぁ、それを知っているのは、僕とDEEP T.M.さんくらいでしょ。」

それを言うなそれを。

佐伯さん「でももし実現したら面白いよね。良いと思いますよ。」

でも、本当に一試合目としては良かったですよ。宮川君の豪快なパンチも見れたし。亮くんも前に出ててよかったですし、今後が期待ですよね。

▼第2試合 
バンタム級 5分2R○安部路人(漢塾)TKO 2R 1分53秒●高野優樹(和術慧舟會HEARTS)
めまぐるしい展開で良い試合でしたよこれも。

佐伯さん「とにかく、安部くんの成長の度合いが凄いんでね。この一年。いま4連勝。高野君のレスリング力からすると、やはり安部君がここでバンタム級で
ちょっと出てきたと思います。」

ちゃんとフィニッシュしてますしね。でも、お互い良さが出る試合だったと思いますよ。

佐伯さん「そうだね。高野君も一発もらちゃったからね。。。。。ドイツで勝っちゃったっていうのもあるし、過心もあったのかな?昔練習していたみたいですよこの二人。」

へぇ。

佐伯さん「まぁ、安部君は次は遠藤君あたりと見てみたいかな。」

いいですね。でも、いずれにせよ、今後のバンタム級を面白くしてくれそうな二人ですからね。

佐伯さん「そうそう。」

▼第3試合 
ウェルター級 5分2R○米田奈央(ディープラス)判定3-0●寒川直喜(バンゲリングベイ)

佐伯さん「ちょっと、予想を反したかな。。。。。。寒川君の今までの試合観てね。。。。。米田君でもきついんじゃないかと思っていたけど。
米田君が完封したもんね。というか、うまかった。離さなかったし。凄くうまかった。寒川君は、何もできなかったね。最後も心折れたのかな?って見えちゃったよね。」

もう、どうにもなんなかったよね。

佐伯さん「そうそう。」

でもさ、寒川君もさ数発のジャブで案だけの破壊力があって、鼻血出させちゃうわけじゃない。だから、もっともっと打撃見たかったね。もちろん、テイクが怖いと、思うんだけど。。。。。。。。

佐伯さん「そうだね。米田が打撃上手くないから、寒川君が見ちゃったのかな。寒川君はやっぱり、キックボクサーだからね。」

やっぱり選手としての価値も、そこがあるわけだから。もっと見たかったよね、寒川君のあの強烈なジャブも。米田君は米田君で生き残ったっていう感じが強いね。うん。

▼第4試合 
ライト級 5分2R○大山釼呑助(INFIGHT JAPAN)判定2-0●濱村 健(Honey Trap)

佐伯さん「ある意味ベストバウトですよね。濱ちゃんもよかったし、大山君も良かったうん。濱ちゃんは、もうベテラン。
大山君はこれから、っていう図式の中で、大山君はライト級はもっともっと上がいるわけで。。。。。。」

ライト級は凄いですよね。なんか、アメリカでも試合してるんですよね?


佐伯さん「そうそう。負けちゃったみたいなんだけどね。それでも、大山君には期待感がある。でも、濱ちゃんも良かった。」

でも、まあいい試合でしたよ。濱ちゃんも評価を下げたわけではないからね。

佐伯さん「そうですね。」

▼第5試合 
フェザー級 5分2R○上迫博仁(チーム クラウド) TKO 1R 1分57秒 ※右フック●大原樹理(KIBAマーシャルアーツクラブ)
最初の金テキがかわいそうだったなぁ。。。。。。

佐伯さん「う~ん。」

でも、上迫が魅せましたけど。

佐伯さん「ゴングと同時に突っ込んだのは、あれは評価高い!!」

はいはい。

佐伯さん「でも、俺わからないのは、大原君は強いじゃん。だからこそ、あそこで打撃で終わるとは思わなかったなぁ。。。。」

まぁ、樹里くんは初めてのフェザー級でしたからね。。。。。。でも、上迫君て体重オーバーしてからは、負けてないもんなぁ。。。。。しかし、フェザーは横田君が強すぎて。。。。。。
上迫君の次がなかなか見つけるの大変ですね。。。。

佐伯さん「そうだね。。。。いないよね。。。あれは止めるの早いんじゃねぇかっていう人もいたけど、あれはしょうがない。と思います。」

近くで見てたら妥当だと僕も思いました。まぁ、樹里くんはまだ若いし。実力があるから、なにかがきっかけで上に行ければいいんだけど。

佐伯さん「とにかく、横田が一人抜けてるからね。」

長倉君とか津田君は出てこないすか?

佐伯さん「どうなんだろうね。」

フェザーがいないだけに、上迫君はもちろん。樹里くんにも期待しています。

▼第6試合 
ライト級 5分3R○吉田善行(HALEO TOP TEAM)TKO 3R 2分19秒 ※バックからのパウンド→レフェリーストップ●江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)

佐伯さん「そうだね。。。」

まぁ、復帰戦のぜんこー君と、期待の新人江藤君っていう構図でしたが。

佐伯さん「まぁ1Rはじめは、江藤君のポイントっていう感じだった。」

いやぁ、なんかいとも簡単にゼンコー君が上とられちゃってたなぁ。。。。っていう印象。

佐伯さん「そうそう。あのね聞いたらね、江藤君て相当レスリング力があるんだって。だから、そこだけだったら絶対に負けないって言ってた。」

そうなんだ。。。

佐伯さん「だから、あとはスタンドの問題と、あとは江藤君が上を取って、そのあとどうするんだ?っていう。そこが見えにくかったかな。」

上とって、そのあとどうフィニッシュするかっていうことね。

佐伯さん「そうそう。そういう意味では、江藤君と吉田の経験の差が結果につながったということだよね。」

だから、江藤君の最後のほうのタックルも良くないタックルだったし、スタミナも切れてたし。

佐伯さん「まぁ興行的には最後に歳食って言う方が頑張って勝った!!みたいな感じになって盛り上がったけど、
吉田君とすればあまり良い内容では無かったんじゃないかな。」

まぁ、北岡にあれだけテイクダウンされてしまいましたからね。課題は残る試合だったんじゃ菜でしょうか。ただ、まぁ、復帰戦ですからね。
これからは、もっと若い選手とやらなければいけない機会が絶対増えると思いますし、ゼンコー君とすれば、そういう選手を一人一人倒して
いかなければいけないんじゃないでしょうかね。でも、江藤君の頑張りが光った試合だったかな。

佐伯さん「そうですね。江藤君はきっと、来年飛躍できる年になると思います。」

▼第7試合 
DEEPvsROAD FC バンタム級 5分3R○北田俊亮(パラエストラ千葉)判定3-0●イ・ソンス(韓国/TEAM FIGHTER/CMA KOREA)。ROAD FCとの対抗戦です。

佐伯さん「今回の大会である意味一番ダメだった試合かな。。。。。」

う~ん。。。。。あそこで、北田君が極めてくれたら、よかったんですけどね。。。。。。まぁ、北田君も勝ったんだけど落ち込んでましたよ。
でも、それこそ、上を目指している証拠だし。北田君は復帰戦なんで、よくやったと思うけどな。

佐伯さん「まぁね。まぁ、あいてのイソンスが頑張る君なんですよ。だから、最初のフロントチョークも極められなかったし。
もちろん、北田は復帰戦だし、結果勝ったからね。でも、北田には期待感がある。だからこそ、っていうのが強いんだよね。
ああいうしあいしちゃうと、イソンスが頑張ったっていう評価になってしまうからね。極めきれないっていうのはやはりフラストレーションはたまってしまうよね。」

まぁ、北田君は大一番後の試合でしたから。また北田君には次があるしね、イソンスも今後期待できるし、バンタムはまた楽しみですね。

  • UTM 情報漏えい防止 インターネット セキュリティ
PageTop