• banner_youtube.jpg
  • sponsor.jpg
  • sponsor.jpg

DEEP

  • banner_youtube.jpg
  • sponsor.jpg
  • sponsor.jpg

WILD SIDE

CATEGORY2016年3月

20160306_153333.jpg

佐伯さん「DEEP75もよかったけど、今日のJEWELSも凄かったんだわ。」

いやぁ、会場の熱気含めて凄かったですね。

佐伯さん「なんていうかな、こんなにバランスとれた興行っていうかね、、、、、」
s。。。。」
もうね、VTRも含めてめちゃくちゃよかったんだわ。

佐伯さん「まぁ、音響さんがミス連発してひどかったけど。」

あれはないね。

佐伯さん「途中で、怒ったもん。。。。まぁ、でも、最初のVTRもさ、
第一試合も、ネットの企画で出てきた選手(稲村香菜(AACC/VICE JAPAN))も。。。。」

えっ!!??ネットの企画?なにそれ?

佐伯さん「え?ネットの企画なんですよ。僕も詳しくはわからないんですが。。。。。」

いやいや、おかしいでしょ?

佐伯さん「ネットの企画で、普通の女の子たちを一年間練習させて、格闘技の試合に出させるっていう。。。。。。」

え~、そうなの?もっと、そんなのアピールすればよかったじゃん!!

佐伯さん「それがね、、、、こっちまで詳しい情報が入ってこなかったんですよ。。。。。。。。。。。。」

なんじゃそりゃ!!!!!!!!!!!だから、テレビがついてたんだ!!!!!!!!!

佐伯さん「そうですそうです!!」

いやいや、もっと宣伝しないとそれ!!!!!!!!!!!!

佐伯さん「そなんですが、BICE JAPANから
◎◎にいろいろ話が言っていると思うんですが、◎◎で情報が遮断されちゃって。。。。。。。」

はいはい。。。。。。。

佐伯さん「で、向さん(向奈都美(マスタージャパン))さんのさぁ、なんていうかな、いい意味でふてぶてしい雰囲気。」

強気なね。

佐伯さん「そうそう、これは強くなるわって。」

この子、VVとか富松さんから一本取っているんだよね?

佐伯さん「そうそう。しかもね、面白い話しましょう。6月ね、◎◎◎と◎◎◎やるっていう。。。。。」

お~、それは凄いじゃん!!!!!!!!!!!!!見たい!!!!!!!!!!!

佐伯さん「良いでしょ!!!!!!!!!!!」

めちゃめちゃいい!!!!!!!!!でもMMA見たい!!!!

佐伯さん「トレーナーは、今年中に総合デビューさせたいって言っていますけどね。」

いやぁ、久々に期待の大型新人ですよね。

佐伯さん「前澤さん(前澤 智(リバーサルジム 立川 ALPHA))も、一階級上で時間ンもない中よくやってくれたんですよ。」

なんか東京に出てきたって。

佐伯さん「そうそう。」

期待ですよね。SARAMIちゃんのキックルールはどうでしたか?
▼第4試合 DEEPJEWELS 50kg以下契約 3分3R キックルール○梅尾メイ(Team Barbosa Japan)
判定2-1●SARAMI(クラブバーバリアン)

佐伯さん「TAISHOからキックルールでどうですかね?って。で、アマチュアで4戦か5戦しているって。
でも、前日見たら、リーチも長いし、なんか強そうだなって。。。。で、試合観たら、しっかりした選手だった。
まぁ、判定2-1だったけど、総合目線だとSARAMIちゃんかなって思うんだけど、キックルールールって、
手数とかまぁジャッジの基準が違うからね。で、割れたのかなって。」

なるほど。まぁ、2-1ってことは、どっちもあるっていうことだよね。

佐伯さん「まl、あ福田さんとかもKrushとかやっているしね。ジャッジ基準が違うからね。
SARAMIちゃんは今度PXCでますし、いい勉強になったよね。」

あと、僕は山口友花里ちゃんが出れなくて悲しかったね。凄い期待していただけに。。。。
だから、数日前にこの試合になってね
▼第5試合 DEEP JEWELSアトム級 5分2R○黒部三奈(マスタージャパン)
判定3-0●華 DATE(Team DATE))でも、この華DATEもいい選手だよね!!

佐伯さん「そうそう。それこそ、みんなこの子は花があるっていうよ。見ていて面白いよね。」

うんうん。

佐伯さん「逆に黒部さんは経験数が違うし、富松にも勝っているし、だから、
華ちゃんが頑張ったって見えかたしちゃうんだよね。やっぱり、華ちゃんには可能性感じたし、
黒部さんにはもうちょっと頑張ってほしかったなって思うけど。」

そうだね。。。。。。。。。。。。。まぁセミね。魅津希ちゃんの強さはもう本当に世界レベルなんだね。。。。。

佐伯さん「でもね、あれ法DATEじゃなかったらもっとすぐやられているし。途中、法返したりしていたし。
まぁ、女子であんなパウンド打てるの他にいないからさ。」

そうだね。でも、魅津希ちゃんと藤野さんとやっているわけだから、法ちゃんももう上いないし。。。。。。次どうするの?

佐伯さん「アミバあたりだよね。アミバ体重戻れば。でもさ魅津希ちゃんはさ、打撃の構えも違うし。
もうものが違うよねって、榊原さんも言ってた。渡辺久江ちゃんを柔らかくした感じっていうか。。。。。
パウンドとか、肘の入れ方とか、もう練習みたいになってたよね。」

確かに。

佐伯さん「でもさ、最近、魅津希ちゃん、自信がついてきているというか。
かなり変わってきているような気がする。あまりしゃべらないっていうか、物静かなタイプなんだけど、
昨日も私の十字逃げれませんよ。とか言ってたしね。いい意味で開けてきているっていうかね。」

へぇ~。

佐伯さん「大人になってきたんだろうね。」

まぁ、魅津希ちゃんは完全に世界でやっている子だから、そういう選手もここDEEP JEWELSで見れるってことがすげぇですよ。

佐伯さん「そうだね。で、あの最後ですよ。あの煽りVTRね。」

やばかったね。

佐伯さん「石岡の言っていることもわかるし、富松はじめ、東京にいる選手はまた怒っている感じだったし。」

でも、石岡さんの言っていることは、運営側の人間としてはぐっとくるけどなぁ~。

佐伯さん「だからこそ、あの空気を作ったのは、石岡だよね。」

で、この結末。。。。。。。。。。

佐伯さん「そう、この結末。もう、想像以上の結末だし、もはや漫画の世界だよ。そこが、富松さんも意地をみせたし、
富松さんも魅津希戦以来、また強くなっているしさ。」

本当だね。」

佐伯さん「そういう意味では、とにかく凄かった。終わってさ、石岡がね、これじゃ私はピエロだ、
みたいに言ってたんだけど、そうじゃない。これを作ったのは石岡だよって言ったんだよ。」

その通りだと思うよ。

佐伯さん「まぁ、石岡の今の現状って、長野でさ子供もいてさ、どうしても現在進行形の
MMAを取得できていないっていうのもあって、外稽古もしたんだって。でもさ、今後どうすればいいんだろうっていう気持ちもあるみたい。
もちろん、才能が凄い子だからね。でも、時間のない中で、必死にやったともうけど、それを富松さんが上回ったっていうね。
たださ、結末としては、もう興行としてはこれ以上に無いっていうことですよ。」

佐伯さんの言うとおり、今回の試合の雰囲気は石岡さんあってのことなんだけど、
それをなんていうか地道にこつこつと頑張ってきた富松さんが一本取ったっていう、この構図がたまらないよね。

佐伯さん「そうだよね。」

だから、今後、石岡さんが、この試合で何を考えて、どうするか?また帰ってきてくれるのか?
これが、やっぱりキーポイントだよね。僕らは期待している。

佐伯さん「まぁ、やるとしたら、ちょっと下からやならいかんね。富松さんだって、
上には憎たらしいくらい強いVV.MEIっていうのがいますからね。」

そうだね。

佐伯さん「このストロー級とアトム級のこの2階級の牙城はなかなか崩せないし。」

ここでアトム級は、やっぱり山口友花里ちゃんに期待しちゃうなあ~。

佐伯さん「また、浜崎さんだって、試合するタイミングがあるかもしれないしさ。若い子も出てきているし、
結局さ、年末のRENAをきっかけに本当に今年は女子格闘技に何か起きるかもしれないよね。」

会場の雰囲気もいつもと違ったよ。VTRもめちゃくちゃよいしさ!!!

佐伯さん「素晴らしい興行だった。本当にそう思う。なのに、放送がどこにもないんですよ。。。。。」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

佐伯さん「RIZINNスタッフも全員来ていましたし。」

そうだね。まぁ女子格闘技のコンテンツは本当にもったいないよ。やっぱり魅力があるから。
INVICTA FCとも提携しているわけですから。INVICTA FCから選手が呼べれば最高ですよね。

佐伯さん「そうだね。いま、色々考えています。」

いやぁ、初のJEWELS総括でしたが、とてもいい話ができました。ありがとうございました。

20160306_150846.jpg

▼第7試合 DEEPバンタム級 5分3R○北田俊亮(パラエストラ千葉)一本 2R 3分41秒 ※フロントチョーク
●齊藤 曜(和術慧舟會トイカツ道場)。とにかく素晴らしい試合だったし、内容、結末、ともに最高でしたね!!!!
これは、興奮した!!!間違いなくベストバウトでした!!!

佐伯さん「これさ、お互い嫌だと思うのよ、ギロチン対決ってさ。もうさ、なんていうのかな。もちろん、相手もどうしても意識するしね。」

斎藤君も実際いいポジションもあったし。

佐伯さん「でも、斎藤君も途中であきらめた感じ合ったよね?」

どうなのかなぁ。。。。。でも、北田君もやばいっていうのもあったし。怪我もあったし。

佐伯さん「でも、あそこで、チョークで勝っちゃうっていうのが、これは、本当に大きい!!!」

いやぁ、本当に凄かった。

佐伯さん「ここで石司君が戻ってきてくれれば、北田と見たいよね。」

普通さぁ、寝技対決期待されて、結局打撃ちょこちょこで終わったりとか結構多いじゃない。
そこで、ちゃんと真っ向勝負しに行った両者は素晴らしいし。

佐伯さん「そうだね。これは面白かった!!」

斎藤君も雰囲気がとてもよかった。なんか異様で異質で。初期のイマナーみたいな。もうなんていうか、
ふた来のバックグラウンドとか、試合内容とか、結末とかどれをとっても、誰が見ても素晴らしかったと思うよ。

佐伯さん「本当だね。」

でも、これで北田君が石司君との試合を、また期待感をかなりあがけてくれたし、
これで、逆に石司君に勝てれば、大塚君とのりマッチも誰も文句言わないでしょう。

佐伯さん「そうだね。まぁ、北田君は前の韓国人相手に若干変な試合したから、チャラだね完全に。」

まぁでも、石司君もかなりの強敵だしね。実際、北田君は大塚君に負けているから、
周りは石司君に期待感を持っているし。ここが北田君の勝負になってきますね。

佐伯さん「そうそう。」

でも、北田君、強いんだなって。想いも何もかも半端ないんだよね。

佐伯さん「とにかく、石司君とだよね。観たいよね。大塚をいつか倒すやつがいないとね。」

一気に、この一戦で、バンタム級タイトルマッチ戦線が熱くなりましたね。うん。
▼第8試合 DEEPフライ級 5分3R○和田竜光(吉田道場)TKO 2R 4分03秒 ※レフェリーストップ●ユ・ゼナム(TEAM FORCE/ROAD FC)

佐伯さん「もう、和田君の強さは、なんていうか文句がないというか。。。。。。。。。。。
でも、相手も頑張り方が凄いというか。目のこともあるなかで、頑張ってくれた。」

でも、和田君の強さは次元が違ったと思います。圧倒的すぎるというか。
自分で和田君がどんどんどんどん元谷とのタイトル戦を引き寄せている感じがして、その気迫がもう半端ないというか。

佐伯さん「元谷とのタイトル戦は、もちろん視野に入っています。が、
ここで大切なのは、ライジンで元谷が勝ってタイトル戦に戻ってくるということ。」

そうですね!!それが、DEEPの価値をあげますね。

佐伯さん「そう。これで、負けて帰ってくると。。。。。。。。どうなのかなっていう。。。。」

確かに。

佐伯さん「とにかく、和田の説得力があるんでね。」

4月はなんとしてもライジンで勝ってほしいですね。でも、それだけ、
また元谷とのタイトルマッチを期待してきちゃうほどの和田君の強さでしたね。

佐伯さん「そういうことだよね。」

▼第9試合 DEEPバンタム級 5分3R○大塚隆史(AACC/DEEPバンタム級王者、元DEEPフェザー級王者)判定3-0●遠藤大翼(和術慧舟會IGGY HAND'S GYM)

佐伯さん「まぁ、大塚の試合でしたね。」

大晦日対抗戦で負けてからの大塚君の気合いというか。やっぱり王者の風格はありますよね。

佐伯さん「遠藤君はね、これだけのチャンスだったから、もうちょっとがむしゃらにっていうかな。
見ないで、ガンガン行ってほしかったなっていうのはあるかな。」

まあ、大塚の場合タックルがあるからね。なかなか難しいんだよきっと。

佐伯さん「そうね。大塚はね、打撃一発が怖いんだから。」

たしかに、遠藤君お爪痕っていうかね。そういうのを出してほしかったね。

佐伯さん「大塚の試合だよね。」

でも、ここを超えないとね。。。。。。大塚君は次どうするの?

佐伯さん「6月やりたいっていうんじゃないかな?でもね6月も凄いことになると思うよ。
北岡のタイトルマッチもあるし。アトム級のトーナメントも始まるし。」

おー、凄いなぁ。ついに始まるね!!

佐伯さん「これで、元谷と和田とかもしやったらこれはこれで凄いよね。」

凄いな!!アトム級トーナメントは何人でやるの?

佐伯さん「4人かな。」

だれだれ?

佐伯さん「◎◎◎◎◎◎◎◎、◎◎◎◎とかかな。」

お~、凄いね!!面白そう!!楽しみにしています!!
▼第10試合 セミファイナル DEEPウェルター級 5分3R○岡見勇信(和術慧舟會東京本部)TKO 2R 4分23秒 
※セコンドからのタオル投入●桜井隆多(R-BLOOD/元DEEPミドル級王者)

佐伯さん「岡見選手の、、、なんていうかな。プレッシャーっていうか。
ああいうトップ選手が後楽園という舞台で試合をするプレッシャーていうか。圧倒的な強さを見せたんだけど。
あのパウンドをもっともっと出していけばレフリーも止められたし、もっとはやくセコンドもタオルもっと早く投げられたかもしれない。
そういう意味では、ちょっともったいなかったかなっていう。飼い殺し的な。」

そうだね。

佐伯さん「一方的に何もさせなかったんだけど、、、、まぁ、そういうところが岡見君らしいのかもしれないけど。
隆多は、そこまで効いていなかったというか。チャンスを待っていたというか。」

でも、あれだけやられていて、あそこで何ができたかと言えば、僕はきついと思いますよ。
もう、あれ以上見たくないっていうレベル。そこまで殴られ過ぎなんですよ。
あそこで投げてくれたから、大事に至らなかったのかもしれないし。

佐伯さん「そうそう。それはそう。だから、効いていないのかもしれないけど、見え方がよくない。」

そういうこと。でも、あの状況で川尻君とか、岩瀬君だから止めてくれた。
あの状況でレフリーもなかなか止められない。

佐伯さん「そうだね。といっても、トップクラスの選手同士の戦いだからね。」

その通りだと思いますよ。

佐伯さん「でもさ、これで隆多がウエルター級で出ても面白いしね。」

あ!!!それ聞きたかった!!!隆多さん、今回ウエルター級だったんだよね!!!

佐伯さん「そうですよ。」

今後やっていくの?

佐伯さん「やっていくと思うよ。」

なら絶対に見たいよね。

佐伯さん「吉田善行もウエルター級でやっていきたいって言っているみたいだし。」

ぎゃっ!!!!!!!!!!!それは半端ないね。一気に興奮するわ~。

佐伯さん「面白そうだよね。」

岡見さんは?

佐伯さん「まずはWSOFですよね。」

まあ、タイミングですよね。

佐伯さん「そうだよね。でも、本当によく出てくれたよね。本当に。」

まぁ、僕らなんて、武士道の流れもあるしさ。いろんな思いがあったなぁ。。。。。。。。。。。。考え深かった。
▼第11試合 メインイベント DEEPウェルター級 5分3R 白井祐矢引退試合○白井祐矢(TRIBE TOKYO M.M.A/元DEEPウェルター級王者)判定3-0●ミノワマン(フリー)

佐伯さん「まぁ、これも本当にミノワマンがよく出てきてくれたよね。」

そうんだよね。本当に。でもね、やっぱり超DEEP的カードだったし、引退試合で、やっぱりわくわくする一戦でしたよ。

佐伯さん「白井のように、なんていうか、言い方悪いかもしれないけど、裏番長的な存在だった、
白井と、メジャーでさ、モンスター退治というか、これも言い方悪いけど、色物的扱いのミノワマンとの一戦っていうね。」

まぁ、通常はあり得ない一戦ですよね。超DEEP的一戦です。

佐伯さん「僕は正直とはいっても、白井だと思っていました。実力的には。でもね、ミノワマンも一発があるから、実際はどうなの?っていうね。」

はいはい。

佐伯さん「実際ね、白井がやっぱり強くて、うまくて、でもそれにちゃんと対応していたミノワマンもすげえって思ったし。
あれだけやられたらさ。でも、ミノワマンから向かってパンチ出して行ったよね。凄かったよ。」

格闘家として、やっぱり凄いんだなっていうね。

佐伯さん「そうそう、逆いうと、ミノワマンウエルター級でできるんじゃないの?っていう。」

あらっ、これまたしても植えるt-級トーナメント参戦決定ですか????

佐伯さん「それは、出てくれれば面白いよね。」

これ、本当なら、史上最強のメンツですよね。うん。でもね、といっても白井君、
やっぱり全盛期の白井君ではなかったと思うんですよ。でも、有終のびを飾ろうっていうか、
自分んを見に来てくれている人への恩返していうか。そういうのを背負って、
必死に戦っていたと思うんですよ。また、ミノワマンもいろんなものを振り切って、
出てきてくれたと思うんですよ。なんていうか、そういうのをひっくるめて、みていた、なんていうか、
格闘技以上のものを感じたっていうか。ジーンときたなぁ。白井君て、器用な選手ではないと思うんですよ。
いや、不器用ですよね。結局、DEEPでは敵なしだったけど、DREAMでも悲惨な負け方して、
海外でもやられっぱなしで、でも、最後の最後に、メジャーなミノワマンとやるって決めたのは、
きっと自分を応援している人たちのためにやりきったんじゃないかと思うんですよね。

佐伯さん「うんうん。でもさ確か、ミノワッって、旗揚げ戦にも出ているんだよね。だから、
この15年間最前線でやっているってことだよね。」

そうですね。それは凄いね。

佐伯さん「旗揚げででt、え15周年も出る人なんていないよ。」

いないよいないよ。

佐伯さん「旗揚げ戦は確かセミですよ。(ヒカルドリボーリオ戦)それで、今回メインですからね。」

びっくりですよね。。。。。でも、白井君は良くやってくれました。DEEPが誇る自慢の王者でしたよね。ありがとうございました。

佐伯さん「でもさ、後楽園で4時間15分の興行でした。まぁ、ディファと比べればね。。。。。でもさ、スバ足い興行だったと思います。」

素晴らしかった。

佐伯さん「白井のおかげで、こういう興行になったし、白井の最後のマイクも嬉しかったし。」

いやぁ、本当に白井君、お疲れ様でした!!!!

~続く~

20160306_150839.jpg

はい。お疲れ様でした、ジュエルス。

佐伯さん「そうだね。」

でも、素晴らしかったですよ。

佐伯さん「ジュエルスは後にしましょう。」

そうですね。それでは、まずDEEP75からです。オープニングは時間無いから良いでしょうか?

佐伯さん「でも、オープニングは凄いよかったんだよね。」

そうなんですよね。良い試合ばかりでしたよ。

▼オープニングファイト第1試合 DEEPフェザー級 5分2R
○岩田啓輔(マーシャルアーツファイターズ チーム侍) TKO 1R 3分52秒●パク・チャンセ(APGUJEONG GYM/ROAD FC)

▼オープニングファイト第2試合 DEEPライト級 5分2R
○笹川JP(ディープラス)判定3-0●涌井 忍(和術慧舟會HEARTS)

▼オープニングファイト第3試合 DEEPフェザー級 5分2R
△DARANI DATE(Team DATE)ドロー 判定0-1△高塩竜司(KIBA マーシャルアーツクラブ)

1試合目も凄い殴り合いしてたし、みんなアグレッシブで素晴らしかったですよ。

佐伯さん「そうですね。これからが楽しみな選手ばかりでしたね。」

しかしここ最近チームDATEが印象に残りまくりで凄いですよ。みんな若くていい選手が多くて凄い。

佐伯さん「そうね。DARANI DATEも19歳とかでしょ?」

凄いね。さぁ。▼第1試合 DEEPウェルター級 5分2R
○鈴木友希(フリー)判定2-0●住村竜市朗(トリニティーサンズ)

佐伯さん「そうね。まぁ、K太郎がウエルター級王者になってね、今UFCで頑張っているから。
なかなか動かない状況の中で、大阪で頑張っている住村選手が初の後楽園だったわだけど、、、、、、、
まぁ、なんかいつもの住村君じゃないなっていう。
後から聞いたら序盤で完全に手を怪我してしまっていたらしくてね。。。。。」

そうですね。

佐伯さん「まぁそういう運とかもやはりあるんだよね。それも実力だからしょうがないんだけど。
その分、鈴木君が頑張ったという印象があるし。」

まぁ住村君の強さは僕たち知っているからね。もうなんか全部受けになっていたから。
あれは住村君の本来の動きじゃないなぁって思ってきたけど。。。

佐伯さん「だから、悠太君がRIZIN出ることになったけど、もちろん、結果次第だけど、もどってきたら、
ウエルター級トーナメントでもやろうかなと思っていますけどね。」

お~、それは面白いですよね!!でも、本来の姿ではなかったのは本当に悔やまれますよね。
住村君は顔もいいし。身長も高くて。
良い選手だから、期待しているんでけどね。


佐伯さん「そうだね。」

▼第2試合 DEEPバンタム級 5分2R
○高野優樹(和術慧舟會HEARTS)判定3-0●聖王 DATE(Team DATE)

佐伯さん「高野選手のレスリング力で勝ったって感じですよね。」

高野君が上の時間が長かったかな。

佐伯さん「そうだね。あういう展開のなかでどうやって立って勝っていくかていうのが大切だからね。
まぁ、今後の課題としてね。でも、まだまだ本当に若いし、顔もいいからね。僕は期待しています。
高野君はとにかくレスリング力が強いし、伸びてきているから、それを生かして頑張ってほしいよね。」

高野君は立て続けに試合出ていますね。

佐伯さん「そうだね。もっというとね、高野君は潜在能力は凄いと思いますけど、
バンタムは大塚や北田くん、石司くんがいるからね。上に。だから、
逆にここでしっかりと一本取れるような選手になるように努力しないとダメだよね。」


そうですね。上を見るならね。▼第3試合 DEEPバンタム級 5分2R
○大石真丈(フリー/元修斗世界フェザー級王者)1R1分45秒 ※アームバー●宮川博孝(ALLIANCE/TEAMゆでたまご)

佐伯さん「ある意味ベストバウトだよね。」

そう思います。あの短い中に格闘技の面白さが凝縮されていたというか。速いテンポの中でドラマがあった。

佐伯さん「そうだね。会場も大石さんの歴史とか年とかね。そういうのもあって、応援も多かったっていうのもあったみたいだし。
まぁ、宮川もさ、ああいう姿が見たいっていうか。アグレッシブにパンチでいったじゃん。」

大石さんぐらつかせたしね。

佐伯さん「もちろん、宮川は勝ちたい気持ちもわかるけど。
でも、とてもわかりやすい、良い試合だったと思います。」

宮川君はどうするんだろう。

佐伯さん「また時間おいてやるんじゃなですかね。僕はそれを期待しています。
もちろん、勝たないとつらいっていう気持ちはわかるんです。
でも、宮川の良さって、そういうところにあるから。」

そうなんですよね。ああいう試合していると、勝つこともあれば負けることもあるしね。
でも、あのパンチはやっぱり魅力的だし、なによりも、色があるんだよなー。宮川君は。
入場曲もめちゃくちゃ似合っているし(king crimzon:21th century schizoid man)。

佐伯さん「また、10年後に再戦かな。」

えっ?

佐伯さん「。。。。。。。。。。。。。。。。」

▼第4試合 DEEPフェザー級 5分2R
○大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)反則 1R5分00秒●高橋憲次郎(マッハ道場)
※高橋が反則となる寝技状態での顔面への蹴り。

佐伯さん「結構高橋君が打撃でいっていたっていう。良い試合でしたよね。」

樹里君に結構当たっていたよね。

佐伯さん「そうそう。実際にビデオみたしね。あちら側はあたったの胸じゃないか?っていう話も合ったんだけど。
胸だったらあんな倒れ方しないし。実際3カメでみたら、顔しかありえない角度で入っている。」

あれは、顔以外何でもないっす。

佐伯さん「でもね、それが問題じゃないのよ。それが胸だとかどうとかっていうことじゃなくて、
そんな危ないところ蹴っちゃだめだよってはなし。グランドポジションっていうのがわかっていて、
あそこを蹴りにいくっていうのがダメだと思う。」

そうですね。

佐伯さん「でもね、だったらね、今度顔面蹴りありのルールで高橋君と再戦したいってい言ってた。」

マジか!!!!樹里君はいいなぁ。言うことも本当に男前だな。これは再戦組んであげましょう!!!!!!!!

佐伯さん「そうだね。」

でも、高橋君の強さをやはり感じた試合ではありましたよね。

佐伯さん「そうだね。」

打撃も良かったし。

佐伯さん「そうなんだよね。今までの試合の中で一番良かった。」

でもこれは偶発的なことなのでね、、、、、、、しかしこれは再戦楽しみだなぁ。
▼第5試合 DEEPライト級 5分2R
○江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)判定3-0●大山釼呑助(INFIGHT JAPAN)

佐伯さん「大山君は、いろんな意味で魅力的な選手だよね。お客さんを魅了する、
魅了できる選手。一方、江藤君は、強くて才能が凄いっていうか。将来を凄い期待されている選手っていうかね。
そういうカードだったんですよね。」

まぁ、個人的には裏メイン的な感覚がありましたね。

佐伯さん「それで、結果江藤君が強かったっていうね。だから、江藤君の寝技、途中十字が極まりそうになったよね。
でも大山君が耐えた。試合内容は完敗だったよ、大山君が。でも、大山君は本当に魅力的な選手だし、これから先、
上に行くと、こういう選手がたくさんいるわけですよね。そこを超えていかないといけないんですよね。本人はね、
面白くない試合してすいませんって感じだったんだけど。でも、そういうことを言える魅力的な子なので、
やっぱり、いわゆる実路y区をつけてくれれば大きくなれると思う。」

試合前のああいうお客さんを煽る感じとか、最高ですよね。

佐伯さん「でね、江藤君はね、本当に強いみたいなんだよ。吉田善行戦もね、前半は江藤君が押してたしね。
もうね、練習は半端なく強いみたいですよ。有名ですもん。それを試合に出せるようになったらやばいって言ってた。」

そうなんだ。。。。。。いまさ、ライト級は大混戦しているじゃないですけ。でも、そのなかでも頭出ていますよね、この二人。

佐伯さん「そうだね。」

今度大阪で岸本君と下石君とやりますけど。。。。。

佐伯さん「そうだね。ま、あそこに岩瀬君とか吉田君とかがいると思うんだけど、
その下に江藤君大山君かな。そこを超えていかないと。」

江藤君は次どうするんですか?

佐伯さん「そうだね。。。。。。」

まぁ、岸本、下石で負けた方とかかな。。。。。

佐伯さん「そうね。。。。。。。」

まぁ、江藤君がどこまでできるのかみたいな。

佐伯さん「大山君も、試合やらせたいよね。おれはやっぱりスター性があると思うから。」

▼第6試合 DEEPバンタム級 5分2R
○釜谷 真(Honey Trap)判定2-0●安部路人(漢塾)

佐伯さん「釜谷の試合だったね。2Rしかないからね。
最後のワンパンチなかったらね。。。。。どうなってたかね。。。。。。」

でも、どちらにしてもやっぱりもっと抜けてこないいけませんね。

佐伯さん「そうだね。」

やっぱり、それこそバンタムは混とんとしているし、なによりもある程度みんなやっているから、
よっぽどちゃんとアピールしていかないと、チャンスを作るのが難しいですよね。

佐伯さん「そうですね。まぁ、安部君は伸びているっていうのは十分わかった。
ある意味、釜谷とああいう試合ができるんだから。
でも、やっぱりここを超えていかないと。なんだよね。」

まぁ、今後バンタムはどうなっていくんですかね?

佐伯さん「そういう、バンタムの話しちゃうと、もう今回の北田が良すぎたからね。」

はい、じゃぁ次の試合に行きましょう。

~続く~

  • UTM 情報漏えい防止 インターネット セキュリティ
PageTop