• rule
  • banner_youtube.jpg
  • nights.net
  • sponsor.jpg

DEEP

  • rule
  • banner_youtube.jpg
  • nights.net
  • sponsor.jpg

WILD SIDE

DEEP75 & JEWELS11 大会総括  其の一 ~ウエルター級トーナメント開催!?の巻き~

Posted:2016.03.07

20160306_150839.jpg

はい。お疲れ様でした、ジュエルス。

佐伯さん「そうだね。」

でも、素晴らしかったですよ。

佐伯さん「ジュエルスは後にしましょう。」

そうですね。それでは、まずDEEP75からです。オープニングは時間無いから良いでしょうか?

佐伯さん「でも、オープニングは凄いよかったんだよね。」

そうなんですよね。良い試合ばかりでしたよ。

▼オープニングファイト第1試合 DEEPフェザー級 5分2R
○岩田啓輔(マーシャルアーツファイターズ チーム侍) TKO 1R 3分52秒●パク・チャンセ(APGUJEONG GYM/ROAD FC)

▼オープニングファイト第2試合 DEEPライト級 5分2R
○笹川JP(ディープラス)判定3-0●涌井 忍(和術慧舟會HEARTS)

▼オープニングファイト第3試合 DEEPフェザー級 5分2R
△DARANI DATE(Team DATE)ドロー 判定0-1△高塩竜司(KIBA マーシャルアーツクラブ)

1試合目も凄い殴り合いしてたし、みんなアグレッシブで素晴らしかったですよ。

佐伯さん「そうですね。これからが楽しみな選手ばかりでしたね。」

しかしここ最近チームDATEが印象に残りまくりで凄いですよ。みんな若くていい選手が多くて凄い。

佐伯さん「そうね。DARANI DATEも19歳とかでしょ?」

凄いね。さぁ。▼第1試合 DEEPウェルター級 5分2R
○鈴木友希(フリー)判定2-0●住村竜市朗(トリニティーサンズ)

佐伯さん「そうね。まぁ、K太郎がウエルター級王者になってね、今UFCで頑張っているから。
なかなか動かない状況の中で、大阪で頑張っている住村選手が初の後楽園だったわだけど、、、、、、、
まぁ、なんかいつもの住村君じゃないなっていう。
後から聞いたら序盤で完全に手を怪我してしまっていたらしくてね。。。。。」

そうですね。

佐伯さん「まぁそういう運とかもやはりあるんだよね。それも実力だからしょうがないんだけど。
その分、鈴木君が頑張ったという印象があるし。」

まぁ住村君の強さは僕たち知っているからね。もうなんか全部受けになっていたから。
あれは住村君の本来の動きじゃないなぁって思ってきたけど。。。

佐伯さん「だから、悠太君がRIZIN出ることになったけど、もちろん、結果次第だけど、もどってきたら、
ウエルター級トーナメントでもやろうかなと思っていますけどね。」

お~、それは面白いですよね!!でも、本来の姿ではなかったのは本当に悔やまれますよね。
住村君は顔もいいし。身長も高くて。
良い選手だから、期待しているんでけどね。


佐伯さん「そうだね。」

▼第2試合 DEEPバンタム級 5分2R
○高野優樹(和術慧舟會HEARTS)判定3-0●聖王 DATE(Team DATE)

佐伯さん「高野選手のレスリング力で勝ったって感じですよね。」

高野君が上の時間が長かったかな。

佐伯さん「そうだね。あういう展開のなかでどうやって立って勝っていくかていうのが大切だからね。
まぁ、今後の課題としてね。でも、まだまだ本当に若いし、顔もいいからね。僕は期待しています。
高野君はとにかくレスリング力が強いし、伸びてきているから、それを生かして頑張ってほしいよね。」

高野君は立て続けに試合出ていますね。

佐伯さん「そうだね。もっというとね、高野君は潜在能力は凄いと思いますけど、
バンタムは大塚や北田くん、石司くんがいるからね。上に。だから、
逆にここでしっかりと一本取れるような選手になるように努力しないとダメだよね。」


そうですね。上を見るならね。▼第3試合 DEEPバンタム級 5分2R
○大石真丈(フリー/元修斗世界フェザー級王者)1R1分45秒 ※アームバー●宮川博孝(ALLIANCE/TEAMゆでたまご)

佐伯さん「ある意味ベストバウトだよね。」

そう思います。あの短い中に格闘技の面白さが凝縮されていたというか。速いテンポの中でドラマがあった。

佐伯さん「そうだね。会場も大石さんの歴史とか年とかね。そういうのもあって、応援も多かったっていうのもあったみたいだし。
まぁ、宮川もさ、ああいう姿が見たいっていうか。アグレッシブにパンチでいったじゃん。」

大石さんぐらつかせたしね。

佐伯さん「もちろん、宮川は勝ちたい気持ちもわかるけど。
でも、とてもわかりやすい、良い試合だったと思います。」

宮川君はどうするんだろう。

佐伯さん「また時間おいてやるんじゃなですかね。僕はそれを期待しています。
もちろん、勝たないとつらいっていう気持ちはわかるんです。
でも、宮川の良さって、そういうところにあるから。」

そうなんですよね。ああいう試合していると、勝つこともあれば負けることもあるしね。
でも、あのパンチはやっぱり魅力的だし、なによりも、色があるんだよなー。宮川君は。
入場曲もめちゃくちゃ似合っているし(king crimzon:21th century schizoid man)。

佐伯さん「また、10年後に再戦かな。」

えっ?

佐伯さん「。。。。。。。。。。。。。。。。」

▼第4試合 DEEPフェザー級 5分2R
○大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)反則 1R5分00秒●高橋憲次郎(マッハ道場)
※高橋が反則となる寝技状態での顔面への蹴り。

佐伯さん「結構高橋君が打撃でいっていたっていう。良い試合でしたよね。」

樹里君に結構当たっていたよね。

佐伯さん「そうそう。実際にビデオみたしね。あちら側はあたったの胸じゃないか?っていう話も合ったんだけど。
胸だったらあんな倒れ方しないし。実際3カメでみたら、顔しかありえない角度で入っている。」

あれは、顔以外何でもないっす。

佐伯さん「でもね、それが問題じゃないのよ。それが胸だとかどうとかっていうことじゃなくて、
そんな危ないところ蹴っちゃだめだよってはなし。グランドポジションっていうのがわかっていて、
あそこを蹴りにいくっていうのがダメだと思う。」

そうですね。

佐伯さん「でもね、だったらね、今度顔面蹴りありのルールで高橋君と再戦したいってい言ってた。」

マジか!!!!樹里君はいいなぁ。言うことも本当に男前だな。これは再戦組んであげましょう!!!!!!!!

佐伯さん「そうだね。」

でも、高橋君の強さをやはり感じた試合ではありましたよね。

佐伯さん「そうだね。」

打撃も良かったし。

佐伯さん「そうなんだよね。今までの試合の中で一番良かった。」

でもこれは偶発的なことなのでね、、、、、、、しかしこれは再戦楽しみだなぁ。
▼第5試合 DEEPライト級 5分2R
○江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)判定3-0●大山釼呑助(INFIGHT JAPAN)

佐伯さん「大山君は、いろんな意味で魅力的な選手だよね。お客さんを魅了する、
魅了できる選手。一方、江藤君は、強くて才能が凄いっていうか。将来を凄い期待されている選手っていうかね。
そういうカードだったんですよね。」

まぁ、個人的には裏メイン的な感覚がありましたね。

佐伯さん「それで、結果江藤君が強かったっていうね。だから、江藤君の寝技、途中十字が極まりそうになったよね。
でも大山君が耐えた。試合内容は完敗だったよ、大山君が。でも、大山君は本当に魅力的な選手だし、これから先、
上に行くと、こういう選手がたくさんいるわけですよね。そこを超えていかないといけないんですよね。本人はね、
面白くない試合してすいませんって感じだったんだけど。でも、そういうことを言える魅力的な子なので、
やっぱり、いわゆる実路y区をつけてくれれば大きくなれると思う。」

試合前のああいうお客さんを煽る感じとか、最高ですよね。

佐伯さん「でね、江藤君はね、本当に強いみたいなんだよ。吉田善行戦もね、前半は江藤君が押してたしね。
もうね、練習は半端なく強いみたいですよ。有名ですもん。それを試合に出せるようになったらやばいって言ってた。」

そうなんだ。。。。。。いまさ、ライト級は大混戦しているじゃないですけ。でも、そのなかでも頭出ていますよね、この二人。

佐伯さん「そうだね。」

今度大阪で岸本君と下石君とやりますけど。。。。。

佐伯さん「そうだね。ま、あそこに岩瀬君とか吉田君とかがいると思うんだけど、
その下に江藤君大山君かな。そこを超えていかないと。」

江藤君は次どうするんですか?

佐伯さん「そうだね。。。。。。」

まぁ、岸本、下石で負けた方とかかな。。。。。

佐伯さん「そうね。。。。。。。」

まぁ、江藤君がどこまでできるのかみたいな。

佐伯さん「大山君も、試合やらせたいよね。おれはやっぱりスター性があると思うから。」

▼第6試合 DEEPバンタム級 5分2R
○釜谷 真(Honey Trap)判定2-0●安部路人(漢塾)

佐伯さん「釜谷の試合だったね。2Rしかないからね。
最後のワンパンチなかったらね。。。。。どうなってたかね。。。。。。」

でも、どちらにしてもやっぱりもっと抜けてこないいけませんね。

佐伯さん「そうだね。」

やっぱり、それこそバンタムは混とんとしているし、なによりもある程度みんなやっているから、
よっぽどちゃんとアピールしていかないと、チャンスを作るのが難しいですよね。

佐伯さん「そうですね。まぁ、安部君は伸びているっていうのは十分わかった。
ある意味、釜谷とああいう試合ができるんだから。
でも、やっぱりここを超えていかないと。なんだよね。」

まぁ、今後バンタムはどうなっていくんですかね?

佐伯さん「そういう、バンタムの話しちゃうと、もう今回の北田が良すぎたからね。」

はい、じゃぁ次の試合に行きましょう。

~続く~

  • UTM 情報漏えい防止 インターネット セキュリティ
PageTop