• banner_youtube.jpg
  • sponsor.jpg
  • sponsor.jpg
  • rule

DEEP

  • banner_youtube.jpg
  • sponsor.jpg
  • sponsor.jpg
  • rule

WILD SIDE

DEEP CAGE IMPACT 2015 大会総括 其の二

Posted:2015.07.30

20150728_154953 (1).jpg予想通り史上最悪の結果に打ちひしがれる佐伯繁


▼第10試合 梅田恒介引退試合 DEEPフェザー級 5分3R○小見川道大(NEO JUDO ACADEMEY)一本 1R 1分26秒 ※フロントチョーク●梅田恒介(R-BLOOD)映像も凄いよかったですけどね。梅ちゃんのこと知らなくてもじ~んときた映像だったと思います。もちろんミッチーも良く出てきてくれたし。

佐伯さん「なんかさ、自分でもすっきりしたって言っていたように、現実を見せられたじゃん。実力差というか。圧倒的な差。梅田の引退試合としては良かったとおもうよ。もちろん、ミッチーもよかったし。」

ミッチーも、本当によく出てきてくれたよね。キャリアとして、リスクしかないし。でも、本当によく出てきてくれたと思いますし、試合後のマイクもシンプルでとっても良いマイクでした。

佐伯さん「そうそう。だから、まぁ、魅力ある引退試合だったと思います。」

本当にそうでした。

佐伯さん「今後梅田はうちのレフリー研修をしていきます。」

お~、いいじゃなですか!!

佐伯さん「うんうん。」

▼第11試合 DEEPライト級 5分3R○岸本泰昭(総合格闘技道場コブラ会)判定3-0●宮崎直人(総合格闘技津田沼道場)

佐伯さん「もちろん、レベルの高い試合だとは思います。でも決定打がないというか。競り合いでもちろん、岸本が勝ったんだけど、勝った岸本側からすれば、残り1分でもっと印象付ける何かをできたんじゃないか?って思います。」

それは、僕も強く感じました。

佐伯さん「岸本はたまたま3-0で勝ったけど、逆いうとそこまで差が見えない。もちろん、勝ったのは立派なんだけど。もちろん、ここで一つ上がったし、それは評価するけど、発表していますが、次下石と岩瀬が戦うので、それ次第では、その勝者と岸本で北岡への挑戦権かけて戦うとかね。」

まぁ、でもちょっとこの試合ぶりをみると、北岡君とはかなりの差があるように思いました。

佐伯さん「そうだね。ちょっと、このままで勝てるという気はしないね。」

期待感がもてる試合内容では無かったですね。まぁ、宮崎君もちょっと奮起して頑張らなければいけないですね。▼第12試合 DEEPミドル級 5分3R△水野竜也(フリー)ドロー 負傷判定0-0△RYO(ランズエンド・ZERO-ONE MAX)結果的にはああいう結末になってしまいましたが。。。。。

佐伯さん「そうだね。まぁ、すぐ再戦するべきなのか。ちょっと考えています。RYOは長南の興行で中西と微妙な判定だったし。ここで中西と一度やらせようかなっていう考えもあります。」

なるほど。

佐伯さん「また、水野も違う相手とやらせて、また気を熟してやらせるっていうのもありだしね。」

あと、長谷川賢もいますし。

佐伯さん「そうですね。」

隆太さんもいるし。

佐伯さん「そうなんだよね。」

まぁ、この階級はDEEPの十八番ですからね。

佐伯さん「そうだね。」

▼第13試合 セミファイナル DEEPウェルター級タイトルマッチ 5分3R○中村K太郎(K太郎道場/挑戦者)一本 1R 2分 ※チョークスリーパー●悠太(ALLIANCE/王者)※中村が第8代王座に就く。悠太は2度目の防衛に失敗。これも、また衝撃でした。。。。。。

佐伯さん「まぁ、前の試合の流れもあったしね。まぁでも、入場のときから空気変わったよね。」

うんうん。

佐伯さん「まぁ、とにかくさ、もうこの大会はさ、セミとメインにつきるよ。で、K太郎のこの試合のインパクトも半端ないよね。」

圧勝だもん。

佐伯さん「まあ打撃なら悠太か?なんてう話も言われてたけど、K太郎は岡野も打撃で倒しているし、この試合もとにかくK太郎は前にゴンゴン出ていったよね。ああいう試合でああいう勝ち方ができる。ああいう試合運びができる。これはちょっと今ウエルター級で敵がいないよね。しかも絶対的なものも持っているし。」

これはキャリアでピークの強さなんじゃないですか?

佐伯さん「そんな感じするよね。悠太はね、また一から頑張ってほしいけど、そういうことより、ちょっとK太郎君の強さに。。。。。。。ねぇ。。。。。」

もうちょっとウエルターではいないよね。

佐伯さん「見当たらないよね。」

僕、長南君のところの佐藤天君とかは見たいなぁ。。。。。。

佐伯さん「まぁ、佐藤君ももともとはK太郎君が師匠だったんだよね。」

あぁ、そうなんだ。。。。。

佐伯さん「でも、大阪に住村くんていうのがいてね、それが今後どうかなっていう感じかな。だから、どっかで悠太君と住村とかやりたいね。」

まぁ、ウエルター級もうちの売りの階級だしさ。悠太君も含めて頑張ってほしいなぁ。

佐伯さん「まぁ、それにしてもK太郎の強さは半端ないよ。」

とにかくしっかりと仕留めるというのが凄いですよね。うん。▼第14試合 メインイベント DEEPライト級タイトルマッチ 5分3R○北岡 悟(Lotus世田谷/DEEPライト級王者)一本 2R 56秒 フロントチョーク●岡野裕城(マッハ道場/挑戦者)※北岡が3度目の防衛に成功。もう北岡君の強さに感服だし、王者としての、なんていうか、誇り高き凄味というか、オーラというか、もう半端ないです。

佐伯さん「とにかく、誰が北岡止めるんだっていう。。。。。。。まあ岡野への期待感もかなりあったし。。。。。でも、終わってみれば、あぁ、やっぱり北岡って強いんだっていう。それで終わった。」

俺はね、今回の大会は結局北岡君の大会だったんだなって。。。。。そう思ったなぁ。。。。。。。。。。。。話題とかそういうのもひっくるめて。

佐伯さん「岡野がどんだけわかっていても切れない。。。。。。。。。岡野にとってはこんなチャンスはなかったわけだよね。」

そうそう

佐伯さん「さっきも言ってたけど、結局は北岡が締めたよねこの大会っていう。やっぱり強かった。今は北岡を止められる選手が頭に浮かばない。正直なところだねそれが。もちろん、岸本や下石に期待している。でも、違う次元だと思う。」

そうですな。あの試合運び見たら、誰もがそう言うでしょう。

佐伯さん「一つはK太郎が70㎏に落とすっていう。。。。」

え~、ありうるの?

佐伯さん「まぁ、無いでしょうね。はい。」

明らかに日本のトップですね。。。。。うん。まぁ、この大会はこの二試合につきましたね本当に。

佐伯さん「そうだね。。。。。。しかし、夏の大田区体育館は厳しかった。。。。。。もう始まる前から俺終わってた。。。。。。」

さあ、8月29日はDEEPとDEEP JEWELSの二大興行ですね。

佐伯さん「そうですね。一枚のチケットで二大会見れますから、」

そうですね。

佐伯さん「カード的には二大タイトルマッチがあり、JEWELSのほうが豪華ですよ!!」

そうですね。楽しみですね。やっぱり僕は魅津希ちゃんと藤野さんのタイトルマッチですね。前回の対戦も、明確な差があったようには感じられない試合でしたし。魅津希ちゃんはINVICTAで活躍しているのは知っていますが、その間藤野さんも、WSOFでタイトルマッチやったり、ROAD FCでたり、かなり大きな舞台で経験積んでますし。これは見ものですよね!!

佐伯さん「そうそう。」

今回はJEWELSも肘ありですからね。いやぁ、楽しみだなぁ。。。。。。。ということで、皆さん、次は8月29日ディファ有明でお会いしましょう!!

  • UTM 情報漏えい防止 インターネット セキュリティ
PageTop