• rule
  • banner_youtube.jpg
  • nights.net
  • sponsor.jpg

DEEP

  • rule
  • banner_youtube.jpg
  • nights.net
  • sponsor.jpg

WILD SIDE

DEEP69大会総括 ~其の二:寺田功よ、ありがとうの巻き~

Posted:2014.10.30

20141030wild.jpg

個人的に楽しみにしていた▼第9試合 DEEPvsPANCRASE DEEPライト級 5分3R○宮崎直人(総合格闘技津田沼道場)判定2-1●AB(和術慧舟會駿河道場)

佐伯さん「途中ABの三角が入ったでしょ?ああいうABの一発の怖さ。」

あれは本当にやばかったですね。まぁ、宮崎君も敗戦からの復帰戦だったからね。でも、宮崎君の肘はABに結構入っていましたよ。

佐伯さん「まぁABはねタップしないし、粘り強さが凄いから。」

芹澤イズムですからね。

佐伯さん「でも、競り合いの際で上になっていたのは宮崎だよね。」

そうですね。ポジショニングは宮崎だったけど、まぁ、ABも下からの怖さが常にありましたから。

佐伯さん「そうだね。」

でも、いい試合だったし、いい対抗戦だったと思います。▼第10試合 DEEPウェルター級 5分3R○中村K太郎(K太郎道場)TKO 2R26秒 ※レフェリーストップ●岡野裕城(マッハ道場)僕はめちゃくちゃ注目していましたけど。

佐伯さん「そうだね。岡野はやっぱりでかかった。。。。。。岡野はね白井戦で前に行けなかった。で、今回はめずらしく行ったんですよね。だから、1R途中まではよかったような気がする。パワーで押していたっていうか。でもさ。やっぱりK太郎のね。。。。。。」

ハイキックですかね。

佐伯さん「打撃相当強いらしいよ。岡野のあんな倒れ方見たことないよね。」

本当ですね。

佐伯さん「まぁ、日本のウエルター級って考えたときに、まあ名前としたら白井や岡野よりも上だからねK太郎は。」

うんうん。

佐伯さん「もう実際は12月のタイトルマッチの勝者とK太郎はほぼ確定ですね。」

まあ間違いないですね。

佐伯さん「来年6月とかそこらへんかな。まぁ、大晦日にも出る可能性もあるので。大晦日でもし負けちゃったらもう一戦どこかで入れなきゃいけなくなっちゃうんで。まぁ、その話は後でしましょう。まぁ、でも強いよ。でも、岡野も行った結果だと思う。最近の試合の中では岡野、一番良かったです。」

はい。で、寺田君本当にお疲れ様でした。さみしくなりますけどね。

佐伯さん「リングに上がるなら、その人のVTRはいらないだろって思いましたけどね。」

あ、そうなの?おれ、引退式いなかったからな。。。。。

佐伯さん「ふつうはそうだよね。これない人がVTRだわな。」

でも、寺田君は本当にDEEPを盛り上げてくれました。

佐伯さん「自分の役目をわかっている子だよね。」

おれ、寺田君で印象的な試合たくさんあるなぁ。アイアン戦も衝撃だったし。

佐伯さん「そうだね。まぁ、もともと人間的にはね。私生活もダメな人間なんで。」

そういうこと言わないの(怒)

佐伯さん「酔うとひどいからね。」

あれ大阪だっけな、江田塾長との試合でのKOも凄かったなぁ。あれ、解説長南君がやってたなぁ。吉武君との試合も覚えているし、中村優作との試合も凄かったしな。。。。。。。。そう考えると寺田君の試合は結構記憶に残っているなぁ。寺田君てもつ鍋やサンかなんかやっているんですよね?

佐伯さん「バイトでしょ?」

そうなの?もつ鍋でやっていくから格闘技辞めるのかと思ってた。俺のいとこが行って、めちゃくちゃおいしいって言ってましたけど。

佐伯さん「奥さんきれいでびっくりしたけど。」

へぇ、それはカチンときますね。

佐伯さん「そういえば、ドクター待ちで10分くらい待ちましたけど。」

あれね、僕が言うのもなんですが、上から下に行くのにエレベーターが来るのめちゃくちゃ遅いんですよ。いろんな人にドクターどこいったドクターどこいったって言われて大変そうでしたよ。あそこ本当に不便ですよね。。。。。。。。。。。。さぁ、6年ぶりの復帰。▼第11試合 DEEP女子フライ級(45kg以下)5分2R○しなしさとこ(フリー/初代DEEP女子フライ級王者、初代スマックガール・フライ級王者)TKO 1R1分15秒 ※レフェリーストップ●ジョン・イェジン(韓国/TEAMフェトラ/CMA KOREA)

佐伯さん「違う相手がもともと決まっていたんですが。。。。。42㎏っていうことで決めてたんだけどね。なかなか相手もいなくて。で、まぁ一人いて45㎏でやったと。」

これからまた女王が復活するわけですね?

佐伯さん「まだ、話してないけどね。。。。。。。。でも、見せ方がうまいっていうかね。うん。花があるっていうか。ただ、キレがなかったかな。いつものね。」

まぁ、6年ぶりですから。

佐伯さん「でもしなしも殴ってたよね。でもそのあとちょとえげつなかったかな。相手15歳だからね。」

それは真剣勝負だからしょうがないけど。。。。。。あの子ね、泣いてたよ。すげぇ泣いてた。痛いって。。。。。

佐伯さん「。。。。。。。。。。。。。。。。」

まぁ、でも古き良きDEEPを支えてた選手だし、今の女子MMAにどう適合していくのかとかJEWELS含めて楽しみですけどね。

佐伯さん「あとは、階級だよね。。。。どうしてくのか。」

なんかマイクアピールしていましたよ。

佐伯さん「ROAD FCのアイドルがいるんですよね。。。。。。まぁちょっと考えますが。。。。。。。。。。。厳しいかな。。。。。。」

そうなんですか。まぁ、でもしなし選手みたいのが戻ってこれるのもDEEPだからだし、DEEPの良さでもあるのでね。さぁ、業界注目の一番▼第12試合 DEEPバンタム級 5分3R○DJ.taiki(フリー/元DEEPバンタム級王者)判定2-1●赤尾セイジ(NEX)

佐伯さん「DJのいつもの試合っていうかね。」

でも、DJに大きな衰えは感じなかったです。

佐伯さん「まま、赤尾も頑張ったと思いますよ。実際1R2Rはいい勝負したと思う。でも3Rに入って膝が入りだした。そこでDJ有利に傾いた。そこで、なんで赤尾ががむしゃらにいかないんだっていう。なんでここで行けないんだ?っていう。いつも言われていること。梅村にも言ったよ。赤尾にとって再戦だし。リスクないし。結局、ここで行けるか行けないかなんだよ。あの展開から言ったら、ある程度リスク犯さないと。」

あの展開で赤尾は一度もテイクダウン取れてなかったからね。

佐伯さん「そう!!なのにまたあそこでテイクダウンを取りに行ってテイクダウン取れるのかっていう。」

そうですね。

佐伯さん「だから、そこで頭一つ抜きでようっていう気持ちがどれだけあるかです。この前も大阪で長倉と岡田が試合したけど、岡田があれだけ食ってやろう!!っていう気持ち見せたじゃない。そういうことですよ。それが赤尾が上に行けないっていう大きな理由のような気がする。」

判定のことはジャッジにゆだねているから俺は何とも言えないけど。でも3-0でDJの内容だったと思います。

佐伯さん「まぁ、赤尾はDJダウンさせているし、3Rにもちょっとダウン気味のがあったから。」

なるほどね。。。。。。。まぁ、ダメージを優先させるDEEPにとってはしょうがないジャッジだとは思うけど、それでも試合の流れを見たときに、やっぱりDJ強いなって素直に思った。

佐伯さん「そうだね。それいうなら、宮崎ABのジャッジだって、ABに入っているからね。」

あれも三角取ったんでしょうね。

佐伯さん「そうそう。。。。。」

でもタイキはどうするんですかね?

佐伯さん「おれは何も聞いてないけど。」

おれは今回のタイキの復帰戦見て、正直大塚とかと見たいなって思ったし、単純にUFCでも見てみたいって思ったけどね。逆に赤尾のセイちゃんは本当に残念だったなぁ。▼第13試合 DEEPバンタム級 5分3R○大塚隆史(AACC/DEEPバンタム級王者)一本 3R4分46秒 ※フロントチョーク●恒村俊範(GRABAKA)いい試合でしたし。恒村君大健闘したと思いますが。

佐伯さん「恒村はもともとDJとやりたかったんだよね。」

そうだったね。

佐伯さん「でも、いろいろあってね。金沢で恒村と話して。格闘技に対して将来どうしようっていうのも悩んでいる。で、今回こういう上とやれるチャンスが来て、自分がどこまでやれるかっていうね。自分を試すっていうか。で、チャンピオンとやることになってね。まぁ、今回は負けてしまったけど、この後恒村がどう思うかですよね。」

これで、まだいける!!って思うか、もうだめだて思うかね。

佐伯さん「そうそう。」

でも、頑張ってたと思うけどな。

佐伯さん「だから、チャンピオン目線でいうと、もっと早く極められたろっていうね。ぎりぎりだったね。まぁ、大塚は判定が多いしさ。でも極めれらるならもっと早く極めてほしかったっていう。」

でも、大塚君はチャンピオンらしい試合したと思いますよ。大塚君もいろいろ悩んでいたの聞くし。強さを見せつけた素晴らしいチャンピオンたる試合だったと思います。

佐伯さん「しつこい強い時の大塚だよね。うん。」

マイクで石渡とやりたいって言ってましたよ。まぁ、それは後程。▼第14試合 DEEPライト級 5分3R△中村大介(U-FILE CAMP/夕月堂本舗/第7代DEEPライト級王者)ドロー 判定1-1△佐々木信治(総合格闘技道場BURST/第6代修斗環太平洋ウェルター級王者)大注目の一戦でしたが。

佐伯さん「佐々木君はアグレッシブで、大介も途中で当てて腕十字決まるのかと思ったけど、佐々木君も凌いで。」

あそこで、腕十字行くのが中村君らしいけどね。

佐伯さん「あそこまでやられてて、佐々木君がしのいでむしろ仕掛けたでしょ。凄いと思いました。」

まぁ、これも判定難しいですよね。

佐伯さん「まぁ、これ書けないけど、大介◎◎で、◎◎だと思う。」

でも、中村君ばててたよね。

佐伯さん「そうそう。なんていうか、大介のオーラがないっていう。昔のオーラがない。それは本人にもいった。廣田戦なんてショックだったじゃん。」

まぁ、フェザーにしたっていうのもあったけどね。

佐伯さん「今回それに近いものもあったよね。昔はどんな展開になっても必ずやってくれる感があったから。セコンドに田村さん居ないからかな。。。。とかね。。。」

まぁ、ジムも出しましたしね。。。。。。。。

佐伯さん「大介、怪我なければ12月ディファも出しますよ。はい。」

▼第15試合 DEEPフェザー級 5分3R○廣田瑞人(CAVE/第2代CAGE FORCEライト級王者、第2代SRC同級王者、第6代DEEP同級王者)TKO 2R1分38秒 ※レフェリーストップ●今成正和(Team-ROKEN/初代DEEPフェザー級王者、初代DEEPバンタム級王者)

佐伯さん「そうだね。。。。。。。。まぁ、最近の今成からするとアグレッシブに行ったと思うんだよね。だからうまく取れればっていうところはあった。ただ、廣田は強いし、あの展開からのパウンドは強いよね。めちゃくちゃパウンドは強い!!」

確かに。お客さんにどこまで届いているかだけど、リングサイドで見ていると半端ないですね。

佐伯さん「そうそう。」

でも、イマナーと廣田並んでもそこまで体格差を感じなかったし、体格差云々ではなさそうだよね。

佐伯さん「そうだね。まぁ、とにかく廣田は強いっていう印象だけですね。」

さぁ、この階級は王者は絶対王者横田君です。

佐伯さん「。。。。。。。それも後でですね。」

イマナーは?

佐伯さん「ちょっと考えます。プランが全部おかしくなってきているんで。」

▼第16試合 DEEPミドル級次期王者挑戦者決定戦 5分3R○中西良行(TRIBE TOKYO M.M.A/初代DEEPライトヘビー級王者)判定3-0●桜井隆多(R-BLOOD/第2代DEEPミドル級王者)※中西が次期挑戦権を獲得。

佐伯さん「まぁ、中西のさ、ブルトーザーみたいなパワー。半端じゃないよね。」

隆多さんを完全に圧倒していましたよね。まぁ、前の試合のこともあるけど。

佐伯さん「なんていうかな。中西の体の強さっていうか。もともとのパワーていうか。隆多は鍛えてここまでになったけど、中西はもともと体が強いっていうか。」

ヒトとしてのナチュラルな強さね。

佐伯さん「そうそう。日本人のなかでも珍しいタイプじゃないかな。」

今までなんとなくミドル級で強さを発揮できない感もあったけど、今回一番体もできていたような気がしますし。でも、王者カズとの試合は本当に楽しみですね。

佐伯さん「そうだね。」

隆多さんはどうするんですか?

佐伯さん「まぁ、ポーランドが飛んだりとかしてね。年齢もあるし。」

でも、ボロ負けではないですよね。決して大負けではないですし、まぁ1勝1敗ですし。

佐伯さん「だから、RYOくんとやるとか、そういう感じになっちゃうかな。」

海外で試合がると良いけどなぁ。まぁ、でも日本でもミドルってあまりいないからね。。。。。。

佐伯さん「そうなんだよね。まぁ、とにかくこの試合は中西の底力を見たっていうかね。」

ヒトとしての強さね。

佐伯さん「人としてのね。そうだね。」

  • UTM 情報漏えい防止 インターネット セキュリティ
PageTop